Menu
(0)

Search

「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」オリジナルキャラが初公開 ─ 少年が見つめる古き短剣とは

「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」
https://twitter.com/LOTRonPrime/status/1516457357466775557

米Amazon Studiosによるドラマシリーズロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」より、「テオ」というキャラクターの初画像が米Twitterアカウントで公開された。完全オリジナルキャラクターとなる。

「ロード・オブ・ザ・リング: 力の指輪」は、「中つ国」第二紀の出来事を描く物語。指輪の創造から冥王サウロンの台頭、ヌーメノールの壮大な戦い、エルフと人間との最後の同盟などが映像化される見込みだ。2022年2月には初映像がリリースされ、未知の世界が映し出されていた。

このたび、作品の公式Twitterから公開されたのは、テオとブロンウィンという2人のキャラクターを捉えた場面写真。2人は本シリーズの為にオリジナルで創造された。初公開となった少年のテオは、短剣を持ち上げ凝視しているようだが、この剣は「古く、ノコギリ状で、つかが過度に装飾されている」と公式では説明されている。一方、ブロンウィンの画像は「岩山の水たまりの近くで佇んでいる」場面だといい、それ以外の情報は分かっていない。

テオを演じるのは、大作ドラマ初出演となる16歳のタイロー・ムハフィディン。ブロンウィン役には、『ホテル・ムンバイ』(2018)や『スキャンダル』(2019)に出演したイラン出身のナザニン・ボニアディが起用されている。なお、キャラクター単体の画像がTwitterアカウントから公開されたのは、テオとブロンウィンが初のこと。長きにわたって繰り広げてられてきた指輪戦争における知られざるマイルストーンが描かれる本シリーズで、2人は重要な役割を担うことになるのだろうか。

本シリーズ第1話・第2話の監督は『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)のフアン・アントニオ・バヨナが担当。ほかエピソード監督として、「ドクター・フー」(2005-)のウェイン・イップと「アウトランダー」(2014-)「ウィッチャー」(2019-)などのシャーロット・ブランドストームも参加している。脚本はジョン・D・ペインとパトリック・マッケイが務め、いずれの製作陣は製作総指揮も兼任する。

「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」は、2022年9月2日(金)よりPrime Videoにて独占配信予定。

あわせて読みたい

※記事内に誤りがございましたのでお詫びして訂正いたします。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly