Menu
(0)

Search

ドラマ版「ロード・オブ・ザ・リング」公式あらすじが米公開 ─ 「トールキンが生んだ最強の悪」復活

ロード・オブ・ザ・リング
Photo by bandita https://www.flickr.com/photos/cosmic_bandita/2218419160/ Remixed by THE RIVER

J・R・R・トールキン著『指輪物語』を原作とする、ドラマ版ロード・オブ・ザ・リング(原題:Lord of the Rings)」の公式シノプシス(あらすじ)が米国にて公開された。米TheOneRing.netの第一報に次いで、米Deadlineなど大手紙が追随している。

ドラマ版の舞台となるのは、トールキンの原作小説やピーター・ジャクソン監督による映画版『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』の舞台である“第三紀”から遡った“第二紀”。いわば、従来の物語の前日譚として製作されるシリーズとなり、このたび公開されたシノプシスでも「伝説に名高い、中つ国の第二期が初めて映像化される」と強調されている。

「この壮大なドラマは、J・R・R・トールキンによる『ホビット』『指輪物語』の出来事から数千年前を舞台に、あの中つ国へと観るものを誘う。偉大なる力が生まれ、王国が栄えては衰え、思わぬヒーローたちが試練を受け、希望の炎は風前の灯となり、トールキンが生んだ最強の悪が世界を闇で覆うのだ。

まだ平和だった時代を皮切りに、おなじみの顔ぶれや新たなキャラクターが登場し、長らく恐れられていた悪も蘇る。闇深い霧ふり山脈から、エルフたちの都・リンドンにある雄大な森林、美しい楽園の王国・ヌーメノール、そしてさらなる遠くの地まで、人々と国々が物語を刻んでいく。彼らがこの世を去った後も続く物語を。」

ここで言及されている“トールキンが生んだ最強の悪”とは、映画版『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』にも登場したサウロンのことだろう。シリーズのファンにはおなじみの土地を舞台に、新旧のキャラクターによって、『指輪物語』の世界がさらに拡大していくことになる。米Amazon Studiosは最低5シーズンを構想中と報じられており、第1シーズンの撮影は2020年2月に始動。製作の都合や新型コロナウイルスの影響を受けての中断を経て、2021年内の配信を目指し製作が継続されている。

出演者は「エイリアニスト」(2018)「パトリック・メルロース」(2018)モーフィッド・クラーク、「ピクニック・アット・ハンギングロック」(2018)のマルケラ・カヴェナー、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)などのジョゼフ・マウル。『キングスマン:ファースト・エージェント』(2021)のロバート・アラマヨら。第1話・第2話監督は『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)のフアン・アントニオ・バヨナ、脚本はジョン・D・ペインとパトリック・マッケイ。3人は製作総指揮も兼任する。

Source: TheOneRing.net, DeadlineVariety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly