Menu
(0)

Search

カオスな1日を描くドタバタ結婚式コメディ『ラブ、ウェディング、リピート』予告編が公開

ラブ、ウェディング、リピート 4月10日配信

妹の結婚式に起きる様々なハプニングに奔走する男のドタバタ劇を描いたロマンチック・コメディ『ラブ、ウェディング、リピート』Netflixにやってくる。『あと1センチの恋』(2014)のサム・クラフリン、『X-MEN: アポカリプス』(2016)サイロック役のオリヴィア・マンらが集結した本作の予告編映像が公開された。

妹ヘイリーの結婚式を完璧にしようと式場を駆け回る主人公ジャックは、元カノや招かれざる客、そして夢に現れるくらい憧れを抱く女性ディナに再会する。この予期せぬ事態を切り抜けることが出来れば、ジャックに幸せが訪れる…かも?

予告編では、ヘイリーを溺愛する男マークが結婚式をぶち壊すと脅しに現れ、さっそくハプニング発生。ヘイリーから睡眠薬でマークを眠らすよう懇願されたジャックは、渋々頼みを受け入れる。言われたとおり睡眠薬をこっそり入れるジャックだが、その行動が更なる災いを招いてしまうことに…。「歴史1つ違えば自分は存在しないと考える?」と意味深発言をするブライアンをはじめ、ジャックの周りではおかしなことが次々に起きていく。果たしてジャックはこの状況を乗り切ることができるのだろうか?複数の異なる展開でカオスな1日が描かれる。

2012年のフランス映画『Plan de table(原題)』が原案の本作は、2019年のカンヌ国際映画祭で、Netflixが最初に買付けした作品だそうで、期待も高まるばかりだ。監督を務めるのは、数々のコメディ映画の脚本を執筆したディーン・クレイグ。クラフリン、オリヴィアのほか共演には、『ゴッホ 最期の手紙』(2017)『コレット』(2018)のエレノア・トムリンソン、『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)でヒロイン、ラティカを演じたフリーダ・ピントーらが名を連ねている。

Netflixオリジナル作品『ラブ、ウェディング、リピート』は、2020年4月10日独占配信。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly