Menu
(0)

Search

ルカ・グァダニーノ監督版『蝿の王』脚本に『怪物はささやく』パトリック・ネスが就任

パトリック・ネス
Rubén Ortega; CC-BY-SA https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Patrick_Ness_en_los_Premios_Goya_2017.jpg | Remixed by THE RIVER

『君の名前で僕を呼んで』(2017)『サスペリア』(2018)などで知られるルカ・グァダニーノ監督が手がける、名著『蠅の王』の最新映画版にて、『怪物はささやく』(2016)の原作・脚本を務めたパトリック・ネスが脚本を執筆することがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

作家ウィリアム・ゴールディングが1954年に発表した『蠅の王』は、無人島に漂着した少年たちが理性を失い、やがて暴走していく物語で、人間の内部に潜む根源的な衝動を見事に捉えた傑作だ。これまでに、1963年にピーター・ブルック監督、1990年にハリー・フック監督によって映画化。今回が3度目の映画化となる。

製作を務める米ワーナー・ブラザーズは、当初、登場人物の設定を少年から少女に変更して企画を進めていたが、現在は方針を変更し、原作に忠実な作品を目指しているとのこと。出演者および製作時期については不明のため、続報に期待したい。

作家のかたわら脚本家としても活躍するパトリック・ネスは、自身手掛けるヤングアダルト小説『混沌の叫び』のシリーズ第3部『人という怪物』と『怪物はささやく』で、2度のカーネギー賞に輝いているほどの実力者だ。いずれの作品も、信じがたい状況に直面する若者たちに焦点を当てていることから、パトリックは『蝿の王』の脚本家として適任とみられる。

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly