Menu
(0)

Search

DCドラマ『LUCIFER/ルシファー』打ち切り回避!第4シーズンはNetflixで配信へ

LUCIFER/ルシファー
©2017 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作の人気ドラマ『LUCIFER/ルシファー』が、打ち切りの危機を無事に回避したことがわかった。第3シーズンで放送終了する米FOX局に代わって、第4シーズンからはNetflixにて配信される。米国の複数のメディアが報じた。

『LUCIFER/ルシファー』は、DCコミックス作品「サンドマン」などに登場する“地獄の王”ルシファー・モーニングスターを主人公とする、“天使の街”ロサンゼルスを舞台に、悪魔の能力で犯罪捜査官として活躍するドラマシリーズだ。ファンタジーにして刑事モノ、コメディであり家族劇というクロスジャンルのストーリーテリングが大きな支持を得ていたが、2018年5月にFOX局が本作を第3シーズンでキャンセルすると発表。ファンの間では「#SaveLucifer」なるハッシュタグが作られ、シリーズ存続に向けてのキャンペーンが行われていた。

こうした動きに後押しされる形で、ワーナーはストリーミングサービスやケーブルテレビを対象に存続先の検討を開始。結果として、Netflixがシリーズを引き受けることが決まったのである。
なお『LUCIFER/ルシファー』は日本ではNetflixにてシーズン1&2が配信されているが、米国ではHuluが、イギリスやドイツではAmazonが配信権を保持している。いささか複雑な状況ではあるものの、米Deadline誌によれば、Netflixは世界的に権利を統合すべく動いていくということだ。

シリーズのショーランナー(制作統括)を務めるジョー・ヘンダーソン氏は、『LUCIFER/ルシファー』がNetflixに移籍して継続を迎えられることに感謝の意を表明。なかでもシリーズ存続を訴えてきたファンに対して「本当にありがとうございます。みなさんが蘇らせてくれたんです、みなさんのおかげです」と記している

なおFOX局は、2018年5月に『LUCIFER/ルシファー』とあわせて『ブルックリン・ナイン-ナイン』(2013-)の打ち切りも発表していた。『ブルックリン・ナイン-ナイン』もファンから存続を求める声が数多くあがったシリーズだが、のちに米NBC局への移籍が決定している。FOXが打ち切った2本の人気ドラマは、今後も無事にファンのもとへ届けられるというわけだ。

Sources: Deadline, Variety
Eyecatch Image: 『LUCIFER/ルシファー』<ファースト・シーズン> ©2017 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly