Menu
(0)

Search

アンドリュー・ガーフィールドが過激YouTuber役に、『メインストリーム』日本公開決定 ─ マヤ・ホーク共演、SNSスターの野心と狂気描く

メインストリーム
©2020 Eat Art, LLC All rights reserved.

アンドリュー・ガーフィールドが過激なYouTuber役で主演、「ストレンジャー・シングス」(2016-)などのマヤ・ホークが共演する映画『Mainstream(原題)』が、『メインストリーム』として2021年10月8日(金)より全国公開することが決定した。あわせて、本作の場面写真が到着している。

舞台となるのは夢と野心が交錯する街、アメリカ・ロサンゼルス。20代のフランキー(マヤ・ホーク)は、YouTubeに動画をアップしながら、さびれたコメディバーで生計を立てる日々に嫌気がさしていた。ある日、リンク(アンドリュー・ガーフィールド)という天才的な話術の持ち主と出会い、フランキーはそのカリスマ性に魅了され、男友達で作家志望のジェイク(ナット・ウルフ)とともに、本格的に動画制作をスタートする。

「ノーワン・スペシャル(ただの一般人)」と自らを名乗り、リンクのシニカルで破天荒な言動を追った動画は、かつてない再生数と「いいね!」を記録。リンクは瞬く間に人気YouTuberとなり、3人はSNS界のスターダムを駆け上がっていく。刺激的な日々と、誰もが羨む名声を得た喜びも束の間、いつしか「いいね!」の媚薬は、リンクの人格を蝕んでいた。ノーワン・スペシャル自身が猛毒と化し、やがて世界中のネットユーザーからの強烈な批判を浴びるとき、野心は狂気となって暴走し、決して起きてはならない衝撃の展開を迎える。

監督を務めたのは、ジア・コッポラ。フランシス・F・コッポラの孫にして、ソフィア・コッポラの姪。写真家としても活動する傍ら、水原希子を起用したユナイテッドアローズのコマーシャル・ディレクターや、さまざまなミュージックビデオの監督としても活躍し、キャリアを着実に重ねている気鋭監督だ。

映画『メインストリーム』は、2021年10月8日(金)より新宿ピカデリー他にて全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly