Menu
(0)

Search

『時計じかけのオレンジ』マルコム・マクダウェル、『スタートレック ジェネレーションズ』監督と再タッグへ ─ 呪われた家に招かれた画家役

マルコム・マクダウェル
Photo by Jeremy Emerman https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Malcolm_McDowell.jpg

『時計じかけのオレンジ』(1971)などで知られる俳優マルコム・マクダウェルが、新作ホラー映画『The Benefactor(原題)』で主演を務めることがわかった。監督を務めるのは、『スタートレック ジェネレーションズ』(1994)にて仕事を共にしたデヴィッド・カーソンだ。米Deadlineが報じている。

『The Benefactor』は、過去に名を馳せた一人の画家を主人公にした作品。妻の死後、画家は作品制作の為に招聘された家に住むことに。しかし、彼は次第に家が呪われているという現実と向き合わなければならなくなる。恐怖に怯える中、同時に彼を狂気に駆り立たせている正体が、幽霊だったことに気付くが……。脚本は本作が初長編作となるマーク&アンナ・カサデイが担当する。

『時計じかけのオレンジ』で暴力的な主人公アレックス役を圧倒的な憑依力で、世間に強烈な印象を残したマルコム・マクダウェル。近年では、世界が騒然した全米最大のテレビ局のセクハラ騒動を暴いた『スキャンダル』(2019)にて、実業家ルパート・マードック役を怪演し、再び世間に強烈な印象を残したことも記憶に新しい。

一方のデヴィッド・カーソン監督は、『スタートレック ジェネレーションズ』のようなSF作品に限らず、超能力を持ってしまった少女の悲劇を描いたテレビ映画版『キャリー』(2002)など、ホラー作品の経験も持つ。豊かな経験と実力に満ち溢れた二人が織り成す、“恐怖の映画”に注目せずにはいられない。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly