Menu
(0)

Search

ジェームズ・ワン監督最新作、『マリグナント 狂暴な悪夢』日本公開決定&予告編 ─ 狂気に満ちた悪夢に悩まされる女性描く

マリグナント 狂暴な悪夢
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

『死霊館』の生みの親で、『ソウ』『インシディアス』シリーズなどのハリウッドホラー界の巨匠監督、ジェームズ・ワン。斬新な作風と圧倒的な恐怖演出で全世界を震え上がらせてきた監督が次に手掛けたのは、オリジナルストーリーからなる『マリグナント 狂暴な悪夢』だ。このたび本作の日本公開日が、2021年11月12日(金)に決定した。あわせて本作の米国版ポスターと、予告編が到着している。

このたび公開された予告編では、マディソン(アナベル・ウォーリス)が、謎の殺人鬼が次々に人を襲う悪夢に悩まされる場面から始まる。殺人鬼は漆黒の姿でどこからともなく現れ、予測不能な素早い動きと超人的な能力で殺人を繰り返し、なす術なく犠牲者ばかりが増えていく。殺人が起きるたびに、マディソンはリアルな幻覚かのように凄惨な殺人現場を疑似体験し、少しずつ自身の隠された過去に導かれていくことになる。そして、ついにその邪悪な手はマディソンのもとへ。果たして、マディソンが見る悪夢の謎とは一体何なのか?

ジェームズ・ワンは本作が完成した際に自身のSNSにて、「この映画をどう表現したら良いのか分かりませんが、とても興奮しています!僕が手掛けた今までの作品とは一線を画すような、さまざまなジャンルをミックスしたオリジナル映画を作りたかったんです。でも自分が観て育ったようなホラーの精神はちゃんと作品に生きていますよ!」と作品の出来に自信を覗かせた。ジェームズ・ワンの原点的な作品でありながら、ホラー映画史を覆すような全く新しい傑作の誕生を予感せずにはいられないだろう。なお『マリグナント』は、バイオレンス描写により、R18+作品に指定されている。

マリグナント 狂暴な悪夢
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

『マリグナント 狂暴な悪夢』は、2021年11月12日(金)日本公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly