Menu
(0)

Search

ジェイソン・ステイサムとケヴィン・ハートが『ヒットマンズ・ボディガード』監督の新作アクション・コメディで共演へ

ジェイソン・ステイサム ケヴィン・ハート
Photo by Georges Biard https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Jason_Statham_2012.jpg / Eva Rinaldi https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kevin_Hart_2014_(cropped_2).jpg

『ワイルド・スピード』シリーズのジェイソン・ステイサムと『ジュマンジ』シリーズのケヴィン・ハートが、アクション・コメディ映画『The Man From Toronto(原題)』の出演交渉に入っていることが分かった。監督には『ヒットマンズ・ボディガード』(2017)パトリック・ヒューズが就任する。米Deadlineが報じている。

本作でステイサムが演じるのは、世界で最も残虐な暗殺者の一人、通称 “トロントの男” 。ハートは、ニューヨーク最大のしくじり男  “テディ”  を演じる。Airbnbで出くわしたトロントの男とテディは、人違いによりチームを組まざるを得ない状況になり、世界を救うことに。果たしてこの2人がチームを組んだ末に起こるのは…。

ハートは『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』でカメオ出演しており、ステイサムとの共演は本作で2回目となる。二人のW主演が実現すれば、新たな名コンビが誕生することになりそうだ。

本作はソニー・ピクチャーズ製作にて企画が進行中で、製作・原案は『イコライザー』シリーズのジェイソン・ブルメンタルが務める。ほか製作には、同じく『イコライザー』シリーズを手掛けたトッド・ブラック、スティーブ・ティッシュが就任。脚本は、ブルメンタルの原案を基に、『スマイル・アゲイン』(2012)のロビー・フォックスが担当する。

ちなみに、ハートは『アバウト・ア・ボーイ』(2002)ポール・ワイツ監督最新作『Fatherhood(原題)』で出演・製作を務めており、米国公開を2021年1月15日に控えている。ステイサムは『アラジン』(2019)のガイ・リッチー監督最新作『Cash Truck(原題)』の撮影を終えたばかりだ。『The Man from Toronto』は、2020年3月にも製作が開始される見込みだという。

映画『The Man from Toronto(原題)』は、2020年11月20日に米国公開予定。

Source:Deadline,THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly