Menu
(0)

Search

ハリウッド版アニメ映画『スーパーマリオ』2022年公開目指して企画進行中 ― 任天堂・宮本茂氏が製作に深く携わる

スーパーマリオ
CC0 Creative Commons

任天堂が世に送り出した超人気ゲームキャラクター、スーパーマリオの、ハリウッドにおけるアニメ映画化は順調に進行しているようだ。2017年11月に第一報が伝えられて以来、およそ1年ぶりに進捗状況が報告された。

アニメ映画版『スーパーマリオ(仮題)』の製作を手がけるのは、『怪盗グルー』シリーズや『ミニオンズ』(2015)で知られる米イルミネーション・エンターテインメント。創業者でCEOを務めるクリス・メレダンドリ氏が、このたび米Varietyにてプロジェクトの現況を明かしている。

今回の情報によると、アニメ映画版『スーパーマリオ』はイルミネーション社内でも優先順位の高いプロジェクトであり、2022年にも劇場公開となる可能性があるとのこと。製作にあたっては、スーパーマリオの生みの親であるゲームクリエイター、任天堂の宮本茂氏が深く関与しているという。

今回の映画では、宮本氏に創作の中心部、前線に入っていただいています。私たちのような形で、オリジナルの創作者の声をアダプテーション(編注:映画化、脚色などの翻案)版に取り入れているのはほとんど見たことがありませんね。ハリウッドの人々には、ある財産の責任者よりも、自分たちの方が(対象について)よく知っていると信じてきた歴史があるんです。私も以前はそれで失敗しましたね。」

クリス氏がこう語っている背景には、かつてスーパーマリオがハリウッドで『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』(1993)として実写映画化された際、興行的・批評的に厳しい結果になったという過去がある。ただしクリス氏は「1回目が成功しなかったのは良いことですね。大成功した映画を新たに作り直すより、エキサイティングで有意義だと思うんです」とも述べたのだった。

「(アニメ映画『スーパーマリオ』は)野心的な仕事ですね。オリジナルの形では(ストーリーとしての)内容が薄いものを取り上げながら、あらゆる世代のファンが愛するマリオを傷つけないよう、同時に見た目のイメージにも忠実に、内容の深みを発見していく。その挑戦が(脚本の)三幕構成を支えうるんですよ。」

現在、イルミネーションは最新作『グリンチ』の日本公開を2018年12月14日に控えている。その後は『ミニオンズ』や『ペット』(2016)、『SING/シング』(2016)の続編が控えているほか、ドリームワークス製作『シュレック』シリーズや『長ぐつをはいたネコ』(2011)のリブート企画、人気シンガーのファレル・ウィリアムスとのコラボレーションによる新作アニメ映画などが待機中。いまやディズニー、ピクサーに次ぐ有力アニメスタジオとなった感もあるだけに、今後の展開にはさらなる注目が集まりそうだ。

イルミネーション・エンターテインメント製作、アニメ映画版『スーパーマリオ(仮題)』の劇場公開時期は未定。

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly