『スター・ウォーズ』マーク・ハミル、若きルーク・スカイウォーカーを再び演じる ─ アニメ「フォース・オブ・ディスティニー」声優で

映画『スター・ウォーズ』シリーズのマーク・ハミルが、再び若きルーク・スカイウォーカーの声を演じることがわかった。ショートアニメ「スター・ウォーズ/フォース・オブ・デスティニー」に登場する。

「フォース・オブ・ディスティニー」は、『スター・ウォーズ』の映画やTVシリーズでは語られなかったミニエピソードを描く1話3分前後のショートアニメシリーズ。これまでに16エピソードが公開されており、英語版は米ディズニー公式Youtubeチャンネルにて視聴できる。レイやパドメ、レイア、ジン・アーソにアソーカなど、シリーズの女性キャラクターを中心とした物語が展開される。


この度、8つの新エピソード予定が発表。ルークが登場するのはそのうちの”The Path Ahead”というエピソードで、惑星ダゴバで師ヨーダから大切な学びを得る様子が描かれるという。紛れもなく『スター・ウォーズ』カノン(正史)作品にあたるわけだから、『最後のジェダイ』(2018)後も、もう一度新しいルーク・スカイウォーカーに会えるというだけで喜ばしい知らせだろう。

新エピソードは2018年5月19日(現地時間)より米ディズニー公式Youtubeチャンネルにて配信されるようだ。これまでの16話は1日に1話ずつの公開だったため、19日以降のいずれかのタイミングで視聴できるようになるだろう。

ちなみに、「バットマン」ジョーカー役などで長年声優としてのキャリアも豊富なマーク・ハミルだが、声優としてルーク・スカイウォーカーを演じるのは迷作『スター・ウォーズ・ホリデー・スペシャル』(1978)劇中アニメと、アニメ「ファミリー・ガイ」シーズン3のエピソード22にパロディ登場した程度だった。

Source:Lucasfilm via Coffe with Kenobi

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。