『20世紀最高の俳優』マーロン・ブランドがアカデミー賞受賞を拒否した理由とは

最近は日本人を含むいわゆる有色人種と言われる人々が、ハリウッドで活躍する機会も多くなってきた。 しかし、ハリウッドでは今も人種の壁が厚くはだかってくる事も少なくない。 そんな問題に40年以上もの間闘い続けたハリウッドスターがいる。 「20世紀最高の俳優」と言われている、 マーロン・ブランド(Marlon Brando)である0002

 マーロン・ブランドが人種を超えた戦いを開始した1973年の当時、
彼は映画「ゴッドファーザー」で、 アカデミー賞主演男優賞にノミネートされていた。

0002

しかし授賞式で彼の名前が発表された時、 ブランドは授賞式会場に現れなかった。
代わりに会場に現れたのはネイティブ・アメリカンの活動家である、 サチーン・リトルフェザーだった。

oscar

彼女は壇上に立つと、 ブランドが受賞を拒否した理由を述べた。
その理由というのは、 ハリウッドでの白人意外のマイノリテイの人種の登場人物が、 不公平に描かれている事への抗議であると説明したのである。
すると彼女のコメントに対して、 会場からは拍手と共にブーイングも巻き起こった。

授賞式の後ブランドとリトルフェザーは、 マスコミからの痛烈な批判を浴びる事となった。
リトルフェザーは白人とのハーフである事を攻撃され、 ブランドは売名行為なのではないかと疑われた。

こうなるのも当然の結果なのかもしれない。

しかしブランドほどの大スターが名誉を捨ててまで人種の問題に立ち向かっていった事は、
これまでのハリウッドの在り方に大きな意味を持っただろう。

もちろんハリウッドの人種差別に異議を申し立てて闘った人物は他にも大勢いる。
だが、世界が変わるほどの影響力を持っていたのはブランドがダントツだろう。

彼の両親はオランダアイルランドドイツイングランドの血を引いていることも影響しているのか、彼の交友関係においても人種の差別なく交流があったという。

ブランドが小学生の頃はまだ黒人に対する人種差別が根強い中、
彼は白人でただ一人黒人の生徒と交友があった。

参考:アカデミー賞の歴史 ~ マーロン=ブランド ~

彼の人種を超えた交流はこの頃から始まっていたのにも驚きである。

 

オスカーをボイコットした事に後悔はないの?」司会者が問いかけたこの質問に、ブランドは後悔するどころか、 この場を利用してハリウッドは有色人種の役柄を 侮辱している事を強く批判した。

この時の発言が次のとおりである。

私は映画業界がアメリカン・インディアン、いや、全ての民族、全ての人種的マイノリティ、全ての非白人に対して行なってきたことに、人々が気づいているとは思えない。みんな単純に気がついていないのだ。人々は、映しだされるもの、ただ垂れ流されるありきたりの表現を、そのまま当たり前のものとして受け入れるだけだ。

でも、誰かがその様なことについて抗議し、「中国人をそんな風に描かないで」と言えば、その指摘で、差別的な演技が馬鹿馬鹿しく見えてくる。薄ら笑いのフィリピン人使用人、陰険な日本人、風変わりで差別的に描かれたアジア人。間抜けな黒人や頭の弱いインディアン、といった。

単に惰性でずるずると続いて、その演じられている人を見ることで、その人種の人たちがどれほど深く傷ついているか、見ている人たちはわかってない。

大人たちはまだそういった差別に慣れてしまっているから良いかもしれない。特に問題なのは、子供たちなのだ。
未開人、不快、汚い、不道徳、不誠実、酔っぱらいとして描かれるインディアンを見たインディアンの子供たちは、自分自身に負のイメージだけを持って成長してしまう。そしてそれは一生続く。

陰険な日本人などの演技は馬鹿馬鹿しい」マーロン・ブランドは40年以上前からハリウッドの人種差別を訴えていた

 

今多くのマイノリテイな存在の人種の人々が、 ハリウッドで活躍できるのは、 ブランドの長きにわたる戦いのおかげでもある。

私が子供の頃のハリウッド映画でのアジア人の役と来たら、 いつも知恵が遅れている様な役が多かった。 子供ながら悔しい思いをした。
最近はそういう差別もなくなりつつあるが、 やはりラブストーリーなどのヒーロー・ヒロインは、 圧倒的に白人俳優が多い。 日本国内を見ても化粧品のCMや雑誌で、 カッコよくキメているのは白人が多い。 英会話学校の教師も白人の需要が高いと聞く。

アメリカだけではなく、 世界的に人種の壁が今なお厚いのはとても残念である。

About the author

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

アカデミー賞作品賞、脚本賞で話題の映画『スポットライト 世紀のスクープ』の評価レビュー。児童虐待を繰り返す神父の実態を暴くべく立ち上がった新聞記者。スクリーンから目を反らすことができない。心を鷲掴みにされた。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • ワラビー (@kobo97) 2016年4月13日 at 3:40 PM

    『20世紀最高の俳優』マーロン・ブランドがアカデミー賞受賞を拒否した理由とは https://t.co/PwV6f1uxyV

    Reply
  • oriver_cinema (@oriver_cinema) 2016年4月13日 at 7:20 PM

    『20世紀最高の俳優』マーロン・ブランドがアカデミー賞受賞を拒否した理由とは
    https://t.co/qZHO2ZBM12

    Reply
  • oriver_cinema (@oriver_cinema) 2016年4月14日 at 7:26 PM

    『20世紀最高の俳優』 #ゴッドファーザー で知られるマーロン・ブランドがアカデミー賞受賞を拒否した理由とは https://t.co/qZHO2ZBM12

    Reply
  • Hat 2017年1月2日 at 4:35 AM

    マーロン・ブランドって演技力ない。大根役者
    なぜ大物扱いするかワカラン 彼は自己満男。

    Reply