実在の麻薬王を描く犯罪ドラマ『マスターマインド』始動 ― 仕掛け人は『アベンジャーズ』監督コンビ&『ファーゴ』脚本家ノア・ホーリー

『アメリカン・ホラー・ストーリー』(2011-)、『FARGO/ファーゴ』(2014-)、『アメリカン・クライム・ストーリー』(2016-)、『レギオン』(2017-)など数々の人気ドラマを製作している米FX局が、豪華スタッフによる犯罪ドラマ『マスターマインド(原題:The Mastermind)』を始動させた。

本作『マスターマインド』は、ウェブメディア「アタビスト・マガジン」に連載されている、元プログラマーの麻薬王ポール・ル・ルーを追ったルポルタージュ記事を原作とするドラマ・シリーズ。
ショーランナーを務めるのは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)や『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年4月27日公開)のアンソニー&ジョー・ルッソ監督だ。二人はエグゼクティブ・プロデューサーも兼任するほか、Deadline誌によるとパイロット版でメガホンを取る可能性もあるという。

さらに本作への期待を高めるのは、ルッソ監督とともにエグゼクティブ・プロデューサーを務める才能の顔ぶれだ。
一人は『FARGO/ファーゴ』『レギオン』でショーランナーを務め、今や脚本家・プロデューサーとして引く手あまたのノア・ホーリー。日本でも『晩夏の墜落』(早川書房刊)が邦訳されるなど、小説家としても注目されている現在随一のクリエイターである。
さらに『ウォーキング・デッド』(2010-)などを手がけるスカイバウンド・エンターテインメントが、同作のプロデューサーであるデイビッド・アルパートとともに本作に携わることも決定している。

もっともルッソ監督は、現在『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のほか、2019年公開の『アベンジャーズ』第4作のために多忙を極めている。したがって本作を観られるのは当分先になるだろうが、きっと今のうちから覚えておいて損はない作品となるはずだ。続報の到着を楽しみにしておこう。

Sources: http://deadline.com/2017/07/the-mastermind-russo-brothers-fx-fargo-producers-26-keys-1202128911/
http://www.hollywoodreporter.com/live-feed/walking-dead-fargo-creators-team-fx-crime-drama-1020991
Eyecatch Image: https://twitter.com/DEADLINE/status/885899745289396224

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。