『キングスマン』マシュー・ヴォーン監督、『X-MEN』で若いウルヴァリンを撮りたかった ― 『ファンタスティック・フォー』への意欲も

『キングスマン』(2015)のマシュー・ヴォーン監督が、かつて自身の手がけた『X-MEN』シリーズ作品の初期構想を明かした。数々のヒーロー映画に携わってきたヴォーンは、『キック・アス』(2010)や『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011)で脚本・監督を務めたほか、それぞれの続編ではプロデューサーを務めている。

このたびヴォーンがその思いを語ったのは、原案・製作として参加した『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)だ。自身の監督した『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の続編にあたる本作で、彼は脚本をサイモン・キンバーグと共同執筆していたのである。のちに『キングスマン』の製作でプロジェクトを離脱したため「原案」というクレジットにとどまったが、一時は脚本を90%書き上げるところまで到達したというのだ

X-MEN:フューチャー&パスト

(C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

『X-MEN:フューチャー&パスト』以前を描きたかった

最新作『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018年1月5日公開)のため米UPROXXの取材に応じたヴォーンは、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』がお気に入りだというインタビュアーに、続編から離脱した理由を語っている。

「つまり、こういうことだと思うんですよ。僕が全力を注げるのは、ある映画を作らなきゃいけない時や、逃げられない時だけなんだって。その映画に情熱を傾けなきゃいけない、その映画のことを信じなきゃいけない時ですね。1作目(『ファースト・ジェネレーション』)は良かったと思いますし、良いものを作るため、楽をしないために自分自身の限界を超えられたと思います。」

もちろんヴォーンは『X-MEN:フューチャー&パスト』の際にやる気がなかったというわけではない。むしろ死力を尽くした結果、“これは違う”という結論に至ったようなのだ。

「以前、続編を作らなかったのは僕がワクワクしなかったからですよ。『フューチャー&パスト』では一生懸命に脚本を書きましたが、それでも抜けた理由がふたつありました。
ひとつはブライアン・シンガーをとても尊敬していることです。『X-MEN』はブライアンの世界で、僕は彼に遊ばせてもらってるんだと思いました。楽しかったですけど自分の遊び場ではなくて、僕は自分自身の遊び場が欲しかったんです。
そしてふたつめは、『フューチャー&パスト』の続編をやりたくなかったこと。あの映画は3部作のひとつであるべき、物語の完結編であるべきだと思っていました。(作れたとしたら)若いウルヴァリンと新しいキャラクターの登場する“そのあいだ”の映画を撮っていたでしょうね。それから『フューチャー&パスト』で若いウルヴァリンと年を重ねたウルヴァリンを登場させて、もう大騒ぎですよ。」

X-MEN:フューチャー&パスト

(C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

つまりヴォーンは、自身の構想する『フューチャー&パスト』をあくまで3部作の完結編として捉えていたのだ。しかしその点で20世紀フォックス側からの同意を得られず、最後には『キングスマン』を選ぶに至ったのである。『フューチャー&パスト』はブライアン・シンガーの手で3部作の2作目として製作され、観客や批評家からは非常に高く評価されている(完結編は2016年『X-MEN:アポカリプス』)。ヴォーンの思惑とは異なる作品になったものの、その完成度はお墨付きだ。

しかし、もしも自身を大のコミックファン、ヒーローファンだと称するヴォーンが、そのイメージ通りに『X-MEN』新3部作を作っていたら……。『LOGAN/ローガン』(2017)でヒュー・ジャックマン扮するウルヴァリンが卒業したため、もしや“若いウルヴァリン”を撮る機会は再び巡ってくるかもしれない?

ところでヴォーンは、『キック・アス』『X-MEN』以外にもリブート版『ファンタスティック・フォー』(2015)にプロデューサーとして携わっている。残念ながら厳しい評価の目立つ本作だが、米CinemaBlendのインタビューによれば、ヴォーンはそうした反応をきちんと正面から受け止めているようだ。

「もうひとつ、やる責任を感じているものがあるんです。映画版『ファンタスティック・フォー』を作らせてほしいんですよ。(2015年版が)あまり良くなかったという、多くのみなさんに謝るために。『ファンタスティック・フォー』は大好きなコミックのひとつなんです。だからいつか挑戦したい、過ちを正したいと思います。」

今や気鋭のアクション監督となったマシュー・ヴォーン、そのヒーロー映画へのカムバックに期待したい。

X-MEN:フューチャー&パスト

『X-MEN:フューチャー&パスト』ブルーレイ発売中
¥1,905+税
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント

(C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 

Sources: http://uproxx.com/movies/matthew-vaughn-kingsman-the-golden-circle/
http://collider.com/x-men-days-of-future-past-matthew-vaughn/
http://www.cinemablend.com/news/1704540/why-matthew-vaughn-really-wants-another-crack-at-making-a-fantastic-four-movie
(C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。