Menu
(0)

Search

2020年初、ロックアルバムが全米チャート1位 ─ マシン・ガン・ケリー新アルバムでポップ・パンク新時代到来

マシン・ガン・ケリー

2020年初、全米アルバム・チャート1位のロックアルバムが誕生した。“MGK”の愛称で知られるマシン・ガン・ケリー(Machine Gun Kelly)が9月25日(金)にリリースした5枚目の新作にして初のポップ・パンク・アルバム『ティケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』(原題:Tickets To My Downfall)だ。米ビルボードが発表した。

マシン・ガン・ケリー
photo by Nathan James

『ティケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』は発売初週、アルバム換算で126,000枚の売上を記録し、全米1位が確定。2012年のデビューから昨年までの間に4枚のヒップホップ・アルバムをリリースしたマシン・ガン・ケリーは、4作とも全米Top 10入りするヒットを記録していたものの、首位を獲得したのは今回が初。

ラッパーとしてヒップホップのジャンルでメインに音楽活動を続けていたMGKが今回リリースしたのは、ポップ・パンク・アルバム。いわゆる、ジャンルでいうところの「ロック・アルバム」にカテゴライズされるアルバムだ。ロック・アルバムが最後に全米首位に輝いたのは2019年9月14日付のトゥール(TOOL)の『フィア・イノキュラム』以来初とのこと。MGKが約1年1か月ぶりにロックを全米トップに連れ戻してきた。

『ティケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』はロック・バンドBlink-182のトラヴィス・バーカーがプロデュースし、楽曲の多くをMGKと共にコライトしている。少々意外かもしれないが、MGKは幼少期からパンクやロックが大好きで、Blink-182も少年時代によく聴いていて、ライヴにも足を運んでいたという。10年以上前のとある日、Blink-182のライヴを観に行ったMGKがトラヴィスに「今日ライヴ後楽屋に遊びにおいで」と招待されたことがきっかけで、2人の友好関係がスタートした。

2019年、MGKが精神的に“落ちていた”時トラヴィスの自宅を訪ね、気分転換に1曲作ってみたところ次々とアイディアが生まれ、アルバムが一気に完成。そしてアルバム制作やトラヴィスとその期間過ごした思い出や会話により、MGKは元気を取り戻したという。

※落ちて“downfall”にいたときに作った作品の為、今作には『ティケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』というアルバム・タイトルがつけられた。

ヒップホップやダンス・ミュージックなどが音楽のメインストリームになっている昨今、「POP PUNK IS DEAD(ポップ・パンクは死んだ)」や「ROCK IS DEAD(ロックは死んだ)」と言われることが多い中、MGKはアルバム制作中に「ポップ・パンクの新時代を創る」と宣言していた。「ラッパーが初めて作るポップ・パンク・アルバムで何ができるのか」との見方に対し、MGKは見事、有言実行を成し遂げたのである。

マシン・ガン・ケリー
photo by Nathan James

更に、アルバム発売4日後の9月29日には、突如『ティケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』のデラックス・バージョンをサプライズ・リリース。25日にリリースとなったアルバム本編に加え、6曲が新録された全21曲のアルバムが緊急配信となった。

そのうちの1曲「body bag」には、新世代ロック・スターと呼ばれるヤングブラッド(YUNGBLUD)と、ザ・ユーズド(THE USED)のVo.バート・マクラッケンがフィーチャリング。楽曲を聴いてみると、どこか耳馴染みのあるビートが……。大人気ポップ・パンク・バンド、フォール・アウト・ボーイ(FALL OUT BOY)の代表曲「ダンス、ダンス」をオマージュしているから、驚きだ。

マシン・ガン・ケリー、映画出演も

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly