Menu
(0)

Search

ブランド「グッチ」の争い描くリドリー・スコット監督作の米公開が決定、レディー・ガガ主演交渉中

Lady Gaga performing "Joanne" on the Joanne World Tour
Lady Gaga performing "Joanne" on the Joanne World Tour Photo by Marcel de Groot

巨匠リドリー・スコットが監督・製作を務め、レディー・ガガが主演として契約交渉中の、「グッチ」創業者一族の闇を描いた映画『Gucci(原題)』の世界配給権を米MGMが獲得したことがわかった。2021年11月24日の米公開を見込んでいる。米The Hollywood Reporterが報じている。

本作は、ファッション誌元記者のサラ・ゲイ・フォーデンが、世界的ファッションブランド「グッチ」一族の骨肉の争いを如実に物語った著書『The House of Gucci: A Sensational Story of Murder, Madness, Glamour, and Greed』を原作としたクライム映画。1995年に起きたグッチ氏の孫マウリツィオ・グッチ氏の殺害事件を巡って物語が展開されていく。ガガの主演が決まれば、マウリツィオの殺害を命じた元妻パトリツィア・レジアニを演じるという。ガガは、ブラッドリー・クーパーとの共演作品『アリー/スター誕生』(2018)でアカデミー賞主演女優賞のノミネートされるなど、女優としての実力も発揮している。

MGMは、世界配給権を巡ってNetflixなど、複数のスタジオと争奪戦を繰り広げてきたが、「劇場公開」という提案がリドリー監督への重要なアピールとなり、この度の獲得に至ったとされている。

脚本を務めるのは、イタリア人作家ロベルト・ベンティヴェーニャ。製作は、リドリー監督と共に、妻で女優・プロデューサーのジャンニア・スコットが務める。ジャンニアはこの度の発表に際して、「リドリーと私は、このプロジェクトに喜びをもって長い間取り組んできました。物語は非常に壮大かつ危険で、さらにキャラクターは非常に豊かに描かれているので、大画面での公開を決めたんです」とコメント。「来年(2021年)の公開が待ちきれません」と語っている。

『Gucci(原題)』は、2021年11月24日米国公開予定。

Source:THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly