Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』新作に参戦のヘイリー・アトウェル、ナイフ使いか

ヘイリー・アトウェル
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19549755360/

トム・クルーズ主演の人気スパイ・アクションシリーズ最新作『ミッション:インポッシブル』続編2部作(第7作・8作)で、同シリーズ初参戦となる「エージェント・カーター」(2015-2016)のヘイリー・アトウェルが、未だ謎に包まれた自身のキャラクターについて語っている。

ヘイリーは、続編で監督を務めるクリストファー・マッカリーやベンジー役のサイモン・ペッグらと共にポッドキャスト番組Light The Fuseに登場。インタビュアーより、続編で悪役を演じるのかどうか訊かれたヘイリーは「そこは曖昧ですね」と答えていることから、悪役としての登場もありえそうだ。続けて、「自身の置かれた状況に対する彼女(キャラクター)の抵抗を探るのは面白いです。どのように旅を始め、何者になるのかということも」と意味深に語った。

役どころに関する具体的な言及を避けたヘイリーだが、「(2019年)10月から“一体、私は誰なの?”というような実存的危機に陥っていたんです」と明かし、いまも自身のキャラクターを模索中だという。マッカリー監督も「ヘイリーの考えてるキャラクターは次の日にも変わっているかもしれないですよ」とジョークを交えている。

本シリーズでは、作品を重ねるごとにユニークかつ重要な新キャラクターが登場する。とりわけ近作では、イルサ役レベッカ・ファーガソン、ホワイト・ウィドウ役のヴァネッサ・カービーと、立て続けに重要な女性キャラクターが登場しており、マッカリー監督いわくヘイリーのキャラクターも「重要な役」なのだという。

「ヘイリーには、過去に登場したどのキャラクターの繰り返しにもなって欲しくありません。何が残っているのか?何がユニークで何が新しいのか?私たちはひらめいたキャラクターを想像して物語を書きました。そこにヘイリーが現れたんです。ヘイリーが持っているエネルギーは、トムと共にあるということを見つけたんです。バイブだけでなく、文字通りバイブレーションなんですよ。」

ヘイリーは自身の出演が決定する前に、2時間にも渡るスタント・オーディションを受け、戦闘シーンやアクロバットなどを行っていたことも明かしている。キャラクターは模索中であるとはいえ、やはりハイレベルなアクションは必須ということになるのだろう。マッカリー監督も「(ヘイリーの)ナイフ裁きは、恐ろしいほど才能がある」と絶賛しているあたり、ヘイリーの華麗なアクションに期待が持てそうだ。

映画『ミッション:インポッシブル』第7作は2021年11月19日、第8作は2022年11月4日に米国公開予定(ともにタイトル未定)。

Source: Light The Fuse

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly