『メン・イン・ブラック』スピンオフ映画、リーアム・ニーソンが出演交渉中 ― MIBイギリス支部長役で

『96時間』シリーズや『スター・ウォーズ 』クワイ・ガン・ジン役、『トレイン・ミッション』(2018)などで知られる俳優リーアム・ニーソンが、人気SFコメディ『メン・イン・ブラック』シリーズの新作スピンオフ映画(タイトル不明)への出演交渉に入っているという。米Variety誌が報じた。

地球上のエイリアンの監視・取り締まりを任務とする組織、通称「メン・イン・ブラック(MIB)」のエージェントによる活躍を描いた『メン・イン・ブラック』シリーズは、トミー・リー・ジョーンズ&ウィル・スミス主演で1997年、2002年、2012年の3度にわたって製作されている。
2017年秋に企画が判明した本スピンオフ映画には、『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』シリーズのクリス・ヘムズワース、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のテッサ・トンプソンが出演予定。監督は『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2015)や『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017) のF・ゲイリー・グレイが務める。


Varietyによれば、リーアムが出演交渉にあたっている役柄はメン・イン・ブラックのイギリス支部長役。ちなみにシリーズ第1作・第2作では、ニューヨーク本部のトップである「Z」役をリップ・トーンが演じていた。リーアムに出演オファーがあったということは、おそらく物語において重要な人物なのだろう。せっかくなので、直接エイリアンを相手に立ち回ってくれたりしないものか……?

なお本作を手がけるコロムビア映画/ソニー・ピクチャーズは急ピッチでプロジェクトを進めており、本作の撮影は2018年秋に開始される予定。2018年5月23日現在、ストーリーの詳細は不明だ。出演者の情報なども含め、続報を楽しみにしておこう。

映画『メン・イン・ブラック』新作スピンオフ映画(タイトル不明)は2019年5月17日に米国公開予定

Source: Variety

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。