うるせえwww マイケル・ベイ監督作品の名シーンでバースデー・ソングを演奏したらやっぱりこうなった

だいたい予想通りだった。

2月17日は、『アルマゲドン』や『トランスフォーマー』シリーズなどで知られるマイケル・ベイ監督の誕生日。

「監督の映画で好きなシーンのサウンドを、このキーボードに詰め込んでみました」という海外のファンが、マイケル・ベイ監督に心を込めてバースデー・ソングを歌ってみたところ、やっぱりこうなった。

 

 

Michael Bay’s Birthday Song

For the man who has it all, we offer a birthday tribute to the one and only, Michael Bay.

Posted by Den of Geek US on 2016年2月17日

破壊大帝ベイトロンことマイケル・ベイ(Michael Bay)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のアメリカ人映画監督である。
国内・海外問わずファンの間で「マイケル・ベイの脳ミソには火薬が詰まってるのではないか」と言われるほど、とにかく迫力に満ちた爆発(とカーチェイス)の描写に定評がある。『アイランド』ではベイが車を運転しているなか鉄道用の車輪運搬トレーラーと遭遇し、「これが落ちたらヤバそう」と感じ、同映画のカーチェイスシーンにこの要素を加えている。特に『トランスフォーマー/リベンジ』のクライマックスで使われた火薬の量はハリウッド映画史上最大級と言われるほど。
また、異様なめまぐるしさのカット割と、やたら揺れたり回ったりのカメラワークから、観客の中には酔う人も多い。「何が起こっているかさっぱりわからないが迫力だけは感じる」という評価が少なくない。
土埃や火花の中でカメラを覗き込むベイの姿は、それ自体が既に映画的である。

マイケル・ベイとは (マイケルベイとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

51歳になった破壊大帝、直近では今年2016年の6月に「ミュータント・タートルズ2」が全米公開される。

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。