Menu
(0)

Search

『ミッドサマー』フローレンス・ピュー、村人に囲まれ泣き叫ぶ場面を解説 ─「恐ろしかった」

ミッドサマー
© 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

白夜に照らされた狂気の祝祭を舞台に、圧倒的な恐怖を観客に与えたフェスティバル・スリラーミッドサマー』(2019)。この度、主演を務めたフローレンス・ピューInstagramにて、本作で苦労したという場面の撮影時について振り返っている。

この投稿をInstagramで見る

Florence Pugh(@florencepugh)がシェアした投稿

フローレンスが苦労したという場面は、狂気の祭典による恐怖と不安に苛まれていく主人公ダニーが、不気味な雰囲気を漂わす村人たちに囲まれながら、激しく泣き叫ぶところだ。劇中で最も観客の記憶に強く刻まれている場面のひとつだろう。

そんな強烈な場面の撮影について、フローレンスも「恐ろしかった」と述べている。フローレンスは過去に他作品で、キャリアが浅いことから、カメラの前で泣くことが上手く出来なかった。その結果、場面そのものを差し替えるというような辛い経験も味わったのだという。このような経験から恐怖心を覚えてしまったフローレンスだが、本作では、アリ・アスター監督をはじめ、村人役の演者たちからの温かい支えが大きな手助けとなったようだ。

「彼女たちのおかげで、この場面を成功させることが出来ました。[中略]私は泣くことが得意というわけではないので、彼女たちと一緒に取り組むことで、安全に感じること出来ましたし、愛と敬意も感じました。やり遂げられたのは、間違いなく彼女たちのおかげです。」

並々ならぬ思いや覚悟で挑んだ撮影が無事に終わったとき、フローレンスと同じく大変な思いをした出演者たちは、互いに泣きながら抱き合ったのだという。そんな安堵の瞬間を捉えているのが、このたびフローレンスが公開した舞台裏写真なのだ。

なお観るものだけでなく、演じる側にとっても恐怖の体験だった同場面の撮影では、面白い出来事もふたつほどあったようだ。「ベッドから落ちて、手足を床面につけながら這っていたときに必ず靴が脱げてしまいました。泥だらけで汗だらけの足が見えないか心配でしたが、そうならなくて本当に良かったです」。もうひとつは、「カットがかかるたびに、胸の部分の周りに少なくともふたつの手があり、すすり泣きながらお互いを抱き合っていました」とのことだ。

あわせて読みたい

Source: Florence Pugh

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly