Menu
(0)

Search

ハリウッド版『モンスターハンター』合計6体のモンスターが登場か

モンスターハンター
(c) Constantin Film Verleih GmbH

全世界を熱狂させた日本発の同名ゲームをハリウッド実写映画化する『モンスターハンター』が、2020年3月26日に日本公開される。原作ファンに最も求められている映画化に関する情報は間違いなく、本作に登場する大型モンスターについてだろう。

最初に映像などで既に確認できている大型モンスターについて紹介したい。現在公開されている海外版・米国版の予告編により判明しているのは、「ディアブロス亜種」「リオレウス」。そして、正式に名前が明かされている訳ではないが、米国版の予告編では『モンスターハンター4』で初登場した「ネルスキュラ」「ゴア・マガラ」の姿も確認できる。従って、現時点で判明している大型モンスターの数は4体となる訳だが、最終的には何体登場するのだろうか。

この度、米Total Filmのインタビューに、本作の監督を務めたポール・W・S・アンダーソンが登場。原作には何百体にも及ぶモンスターが存在するとしながら、「その内の5〜6体しか映画に登場させる事が出来ませんでした」と説明している。「壮大で愉快な世界の一部分を描いたに過ぎません」。

ポール・W・S・アンダーソン監督が話した内の4体が上述のモンスターだと仮定した場合、残り1~2体しか登場しないことになる。そして気になるのは、監督が指すモンスターに小型が含まれているのかどうかだ。仮に含まれるのであれば、既に確定している小型モンスターの「アプケロス」を足して、残りの枠は最大で1体となる訳だが、果たして何が登場するのか……。

あわせて読みたい

Source:Total Film , Screen Rant

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly