Menu
(0)

Search

クリント・イーストウッド監督・主演『The Mule』2018年12月に米国公開へ ― 6年ぶり俳優業、ブラッドリー・クーパーら共演

クリント・イーストウッド
Photo by Raffi Asdourian https://www.flickr.com/photos/zaffi/13522488685/ Remixed by THE RIVER

名優クリント・イーストウッドが監督・主演を務める新作映画『The Mule(原題)』が2018年12月14日に米国公開されることがわかった。米DeadlineVarietyほか複数のメディアが報じている。

『The Mule』でイーストウッドが描くのは、孤独で無一文、差し押さえを受けた80歳代の男性アール・ストーンが、メキシコの麻薬カルテルへのドラッグの運び屋となる物語。何も知らないまま、ドライバーとして危険な仕事を引き受けたストーンは、やがて麻薬取締局の捜査官コリン・ベイツにも追われるようになっていく……。

近年、『ハドソン川の奇跡』(2016)や『アメリカン・スナイパー』(2014)、『ジャージー・ボーイズ』(2014)など監督に専念して高い評価を得てきたイーストウッドにとって、監督・主演を兼任するのは『グラン・トリノ』(2008)以来。また、俳優としての本格的な活動は『人生の特等席』(2012)以来だ(『アメリカン・スナイパー』はノンクレジット出演)。

クリント・イーストウッド
Photo by Raffi Asdourian https://www.flickr.com/photos/zaffi/13522488685/

本作にはイーストウッドのほか、捜査官コリン・ベイツ役で『アメリカン・スナイパー』以来のタッグとなる俳優ブラッドリー・クーパー、『死霊館のシスター』(2018)のタイッサ・ファーミガ、『アントマン』シリーズやNetflixオリジナルシリーズ「ナルコス: メキシコ編」(2018年11月16日配信)のマイケル・ペーニャ、『マトリックス』『ジョン・ウィック』シリーズのローレンス・フィッシュバーンらが出演。イーストウッドを支える充実したアンサンブルにも期待したい。

ちなみに『The Mule』の米国公開日として決定した2018年12月14日には、『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』のピーター・ジャクソンが製作・脚本を担当する『モータル・エンジン』(2018)、ソニー製作による「スパイダーマン」シリーズのアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018)も米国公開される。

映画『The Mule(原題)』は2018年12月14日に米国公開予定。日本公開情報も気になるばかり…!

Sources: Deadline, Variety
Eyecatch Image: 

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly