映画『ドクター・ストレンジ』がマーベル映画にマルチバース(並行世界)の概念を切り開く?

先日の「サンディエゴ・コミコン」で予告編が公開された、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の次回作『ドクター・ストレンジ』日本での公開日も2017年1月27日に決定し、これからの盛り上がりが楽しみな状況だ。

ところで、コミコンでスコット・デリクソン監督が意味深な発言をしていたようだ。なんでも『ドクター・ストレンジ』がマーベル映画に“並行世界”の概念をもたらすとか……ほんとに?

お待たせ!映画『ドクター・ストレンジ』最新予告編とポスターがついに公開!

『ドクター・ストレンジ』の役割とは

Comicbook.comの取材に応じたデリクソン監督は、「『ドクター・ストレンジ』はマーベルを奇妙なことにする映画だ」とコメント。その“奇妙さ”とは、初期のコミック『ドクター・ストレンジ』にもともと宿っているものだという。

「コミック『ドクター・ストレンジ』は、サイケデリックで神秘主義的でスピリチュアルな『あらゆる60年代のもの』を異次元に放り込み、マーベル・コミック・ユニバースをマルチバース(多元宇宙)へと解き放った映画『ドクター・ストレンジ』もコミックと同じようにマーベル・シネマティック・マルチバースの始まりになるだろう。奇妙な脱線だが、それこそコミックの肝だと思う」

マーベル・コミックでは多くのヒーローが同じ世界観の地球で活動している。それゆえヒーローが作品を越えて互いの物語に登場できるのだ。しかしそれぞれのヒーローはマルチバースのひとつに存在している設定であり、マーベル・コミック・ユニバースの“別の宇宙”では同じ名前のヒーローがまったく違う活動をしているのである。あえて簡単に言えば、マーベルはパラレルワールド(平行世界)を認めているのだ。ちなみに世界にはそれぞれ名前が付いていて、正史の世界は「アース-616」という。

並行世界のスパイダーマンが大集合するコミック『スパイダーバース』。 http://io9.gizmodo.com/confused-by-the-spider-verse-comic-event-heres-what-yo-1681154937

並行世界のスパイダーマンが大集合するコミック『スパイダーバース』。
http://io9.gizmodo.com/confused-by-the-spider-verse-comic-event-heres-what-yo-1681154937

アベンジャーズとX-MENが共演できる?

多元だか平行だか、宇宙だか世界だかサッパリわからないという人は、ひとまず「今までのMCUにパラレルワールドはなかった」ということだけ理解しておけばOKだ。実際、別の宇宙で戦っているアイアンマンやキャップが映画に出てくることはなかった。

ところが『ドクター・ストレンジ』がMCUに“平行世界”の概念を持ち込むとなると話は別だ。「MCUにパラレルワールドはなかった」のではなく、「これまでのMCUでパラレルワールドは存在したが描かれていなかった」ということになる。ドクター・ストレンジが複数の宇宙を結べばヒーローたちは自在に行き来するようにもなるだろう。これが「マーベル・シネマティック・マルチバース」である。

この「マーベル・シネマティック・マルチバース」説には有力な証言があった。Netflixドラマ『デアデビル』でマット・マードック/デアデビルを演じるチャーリー・コックスは、以前「マーベル・テレビとマーベル・スタジオは別物だ。デアデビルが映画に登場することがあったとしても、必ずしも僕が出演するとは限らない」と述べているのだ。しかしマーベル・スタジオ製作の映画とNetflixドラマは同じMCU作品である。

ドラマ『デアデビル』は映画『アベンジャーズ』後のニューヨークが舞台。 http://vergecampus.com/2015/05/netflix-marvel-daredevil-fearless-drama-unique-succes/

ドラマ『デアデビル』は映画『アベンジャーズ』後のニューヨークが舞台。
http://vergecampus.com/2015/05/netflix-marvel-daredevil-fearless-drama-unique-succes/

この考え方を押し進めていけば、これまで不可能だった映画もやがて製作できるようになるだろう。

たとえば映画化権の都合で実現できない『アベンジャーズ』陣営+スパイダーマンと『X-MEN』陣営の共演作品だ。「こちらの映画に登場するX-MENはあくまでMCUの別の宇宙にいるX-MENですから」という屁理屈がありえないとも言い切れないのは、映画『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014年)に登場したクイックシルバーが『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)に別キャスト・別人設定で登場した前例があるからだ。もしかするとスパイダーマン&デッドプールのチームアップも叶うかもしれない。

果たしてドクター・ストレンジは、すべてのマーベル映画に“並行世界”を実現することができるのだろうか……。しかしどんな魔術や多元宇宙よりも大人の事情のほうが強いのが映画界だ。最強の魔術師にもできることとできないことがある。

source:http://comicbook.com/2016/07/24/scott-derrickson-says-doctor-strange-starts-the-marvel-cinematic/
http://www.cosmicbooknews.com/content/marvel-studios-may-be-introducing-same-characters-marvel-tv-through-multiverse-doctor-strang

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。