『X-MEN』スピンオフ新作でジェームズ・フランコが分身 ― 映画『マルチプル・マン』製作決定!

20世紀フォックスの主導する、映画『X-MEN』シリーズに新たなスピンオフ作品が登場することがわかった。米The Hollywood Reporterによると、スピンオフ映画の新作として『マルチプル・マン(仮題)』の製作が決定したという。主演は『127時間』(2010)、『スプリング・ブレイカーズ』(2013)のジェームズ・フランコだ。

フランコが演じるのは、1975年にコミックへの初登場を果たしたジェイミー・マドロックス/マルチプル・マン。自らの分身を作り出し、コントロールする能力を持つミュータントである。すでに映画版には『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006)に登場しており、当時はエリック・デインが演じていた。

本作『マルチプル・マン』をプロデュースするのは、映画『X-MEN』シリーズの製作・脚本を数々担当し、最新作『X-MEN: ダーク・フェニックス(原題:X-Men: Dark Phoenix)』では初めての監督業を務めるサイモン・キンバーグ。主演のフランコもプロデューサーの一員に名前を連ねている。なお、脚本は『ワンダーウーマン』(2017)を執筆したアラン・ハインバーグが手がける予定だ。

2018年、20世紀フォックスは『ニュー・ミュータンツ(原題:New Mutants)』、『デッドプール2(仮題)』、『X-MEN: ダーク・フェニックス』という3本の『X-MEN』関連作品を公開する。チャニング・テイタム主演『ガンビット(原題:Gambit)』も待機していることからも、その勢いには目を見張るものがあるというべきだろう。
また同社の取り組みとして注目したいのは、『デッドプール』(2016)、『LOGAN/ローガン』(2017)でジャンルの壁を破壊してみせた、その意欲的な作品づくりである。果たして『マルチプル・マン』ではジェームズ・フランコという俳優を得てどんな新機軸を見せてくれるのか、その方向性にも注目したいところだ。

Source: https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/multiple-man-movie-james-franco-star-1059031
Eyecatch Image: Photo by Vanessa Lua ( https://www.flickr.com/photos/vanessalua/6286991960/ ) / Remixed by THE RIVER

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。