Menu
(0)

Search

HBO Maxアニメ「スーパーマン」製作決定、クラーク・ケントが20代の頃を描く ─「ザ・ボーイズ」ヒューイ役が声優担当へ

スーパーマン
©THE RIVER

HBO Max&カートゥーンネットワークよるアニメMy Adventures With Superman(原題)」が製作されることが発表された。DCコミックスのヒーローであるスーパーマンの新たな冒険を描く作品だ。DC公式をはじめ、米Varietyなどが報じている。

本作では、20代のクラーク・ケント&ロイス・レイン、そしてベストフレンドのジミー・オルセンが、デイリー・プラネットの調査報道員として、自分たちが何者であるのか、チームとして一緒に成し遂げられることは何なのかを発見していく様子が描かれるという。

そんな青春物語の中で、クラークはスーパーマンとしてのアイデンティティを徐々に確立していく。一方のロイスはスター・ジャーナリストとなり、ジミーが写真家として活躍できるよう指導する立場となる。そしてクラークとロイスはやがて恋に落ち、冒険を共にしながら悪党たちと対峙していくという内容になるようだ。

このたび一部声優陣も発表されている。「ザ・ボーイズ」(2019-)「スタートレック:ローワー・デッキ」(2020-)ジャック・クエイドがクラーク役を、『ブリタニー・ランズ・ア・マラソン』(2019)アリス・リーがロイス役を演じるとのことだ。ジャックは、「ザ・ボーイズ」ではヒューイ・キャンベル役を演じている。最初こそ臆病な性格だったヒューイだが、次第に狂気的な一面も見せていくというキャラクターだ。

なお、ジャックは「My Adventures With Superman」をはじめ、「ザ・ボーイズ」「スタートレック:ローワー・デッキ」などさまざまなジャンルの作品に登場できることについて、「最高です」「正気とは思えない」「とても幸運だと思います」と語っている。また、「スーパーマンには皮肉がありません。彼はただ純粋なんです。それにこの番組は家族向けで、すべての年齢層に対応しているので本当に最高です」と、「ザ・ボーイズ」のような過激な作品と比較している。

Source:Variety , Comicbook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly