Menu
(0)

Search

『The Last of Us』開発会社が選ぶ「2021年のお気に入りゲーム」─『メトロイド ドレッド』『リターナル』ほか話題作が勢揃い

Returnal
©2021 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Housemarque Oy.

ゲーム開発会社Naughty Dogは、『The Last of Us』『アンチャーテッド』シリーズなど数多くの傑作を世に送り出してきたことで知られており、ゲームファンは同会社の新作を常に待ち望んでいることだろう。

この度、ゲーム界に革新をもたらしつづけてきたNaughty Dogが、“2021年のお気に入りゲーム”を発表した。同社に勤める社員たちが、2021年に影響を受けた作品は以下の通り。

  • 『Bugsnax』
  • 『DEATHLOOP』
  • 『フォートナイト』
  • 『Frostpunk』
  • 『House of Ashes』
  • 『Inscryption』
  • 『It Takes Two』
  • 『メトロイド ドレッド』
  • 『Returnal』

『Bugsnax』

ここからは順番に作品の概要および、一部の社員たちの感想を紹介したい。最初に名前が挙げられている『Bugsnax』は、半分スナックで、半分虫の伝説的な生き物をメインキャラクターとしたアドベンチャーゲームだ。ヴァイスプレジデントのクリスチャン・ギルリングは、「7歳の娘と私の絆を深めた独創的で素晴らしいゲームでした」としながら、「魅力的なアドベンチャー/パズルゲームでした」と、同作について絶賛している。

『DEATHLOOP』

続いては、The Game Awards 2021にて受賞を果たしたFPS『DEATHLOOP』。プレーヤーはタイムループに閉じ込められてしまい、そのループがリセットされる前に敵を全員暗殺することを目標とした作品だ。本作を高く評価したのは、ディベロップメント・ディレクターのウェイロン・ブリンクである。「同じような作品が多い中、その新鮮な世界観に心を掴まれました」。

『フォートナイト』

フォートナイト』は、日本をはじめ世界中で絶大な人気を誇るバトルロイヤルゲーム。ゲームディレクターのアンソニー・ニューマンは同作について、「(リリース当時は)一過性のものになると非常に表面的な評価をしていました」としながら、「それは間違いでした」と考えをあらためている。「Epicは毎シーズン、信じられないようなクリエイティブなリスクをおかし、全く別の作品に進化させる方法を常に考え出しています」。インタラクティブなコンサートイベントなどが特に印象的だったとのことだ。

『Frostpunk』

都市運営社会派サバイバルシミュレーションゲームFrostpunk』では、プレイヤーが地球上に最後に残った街の指導者として、限られた資源で極寒の都市を死守していくことになる。QAディレクターのパトリック・ゴスは、「このゲームはあなたの心を打ち砕くだろう」「ゲームプレイのバランスが美しく、何度も失敗するたびに程よい学習曲線を描いて教えてくれる」と高く評価した。

『House of Ashes』

House of Ashes』は、『The Dark Pictures』ホラーアドベンチャーシリーズの第3弾で、新感覚の恐怖体験を継続的に提供するというコンセプトのゲームだ。キャラクター・アートディレクターであるアシュレイ・スウィドウスキーは、「アプローチにエキサイティングさを感じる」「自分が下す決断が常に波紋を広げていくことを知ると、自分の選択についてじっくりと考えるようになる。ゲームにおけるホラーの聖火を持ち続けてくれてありがとう」と絶賛している。

『Inscryption』

Steamで配信されるや、インディーズゲームファンの度肝を抜いた『Inscryption』は、カードゲームやミステリー、さらにサイコホラーを組み合わせた作品だ。ゲームクリエイターのヴィニット・アガルワールは、「このゲームは、何も知らない方が楽しめるゲームなので、実はあまり多くを語れません」としながら、「これほどクリエイティブなゲームに圧倒されたのは久しぶりで、幼児がいるにもかかわらず、毎晩午前3時まで起きて、クリアするまで遊んでいました。とてもおすすめできる作品です」と説明している。とにかく前情報なしで遊んでみるのが良さそうだ。

『It Takes Two』

全編協力プレイのアクションゲーム『It Takes Two』では、プレイヤー同士が力を合わせて予期せぬ障害を突破することとなり、その先には、これまでにないインタラクティブなストーリー展開が待ち受けている。共同社長のエヴァン・ウェルズは、「バラエティに富んでいて、巧妙な仕掛けが次々と登場する。また、2人目が必要という大胆な選択が、このゲームの体験を独創的なものにしています。息子と一緒に楽しく遊べました」と高く評価している。

『メトロイド ドレッド』

『メトロイド』シリーズ最新作、『メトロイド ドレッド』はメインキャラクターのサムスがかつてない絶望に立ち向かう作品だ。本作を絶賛するキャラクター・テクノロジー・ディレクターのワシーム・カーンは、「魅力的な物語を語りながら、素晴らしいゲームプレイと、独特な雰囲気のおかげで、あなたを畏怖させるでしょう」と述べている。

『Returnal』

そして最後は『Returnal』。死ぬたびに蘇り、ゲームオーバーのたびに世界の姿と使用・入手可能な装備が変わっていくという内容のTPS。プレイヤーは変化し続ける状況に適応し、最適な戦略を考え、生き延びる術を身に着けていくことになる。ゲームファンのあいだでも話題となった本作を高く評価したのは、アニメーター・ディレクターのジェレミー・イエーツ。「美しさと恐怖を見事に融合させた」「私の心臓をドキドキさせ、手のひらに汗をかかせる、実に魅力的なループを作り出しました」。

Source: Naughty Dog

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly