Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ネビュラの物語は「始まったばかり」 ─ カレン・ギラン、『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の展開に興味

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズの“元暗殺者”、ガモーラの妹ネビュラの物語はまだ始まったばかりだという。ネビュラ役のカレン・ギランが、米Fandomのインタビューにて語った。

ネビュラはサノスが養子に迎えた娘で、ガモーラの義理の妹。サノスによってガモーラと戦わされ続け、敗れるたびに身体を改造され、大半の体を機械にされてしまった悲惨な過去を持つ。最初はヴィランとして登場したネビュラだが、壮絶な戦いを経て、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間に。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)では、アベンジャーズと協力しながら宿敵サノスに立ち向かった。ついに『エンドゲーム』で復讐を終えたネビュラについて、カレン自身はどのように思っているのだろうか。

私としては、彼女の物語が終わったとは一切思っていません。むしろ、まだ始まったばかりです。脆弱な状態にあった彼女は、いくつもの作品を通して、苦しみの根源に向き合わなければなりませんでした。彼女は想像を絶するようなカタルシスの経験を経て、苦しみの根源から解放されたばかりなのです。今後の彼女を描いていくことに私は興味があります。受けた傷は癒えていくでしょうが、それは決して容易なことではなく、すぐに始まるものでもないでしょう。」

復讐を終えるも、深い傷を抱えたネビュラという役柄に向き合うため、カレンは「まずは虐待を受けた人々がどうやって立ち直ったのか、という心理学の論文を読み漁るところから始めたいと思います」と語った。そして、「それらの内容を吸収して、ネビュラというキャラクターに取り込み、彼女と一緒に楽しみたいと思います。サノスに縛られていないネビュラという存在を浮き彫りにすることが出来るでしょう」とも話している。

ネビュラが次に登場する可能性が最も高いのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』。あるいは、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが登場するとみられる『マイティ・ソー』シリーズの第4作『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』が先になるかもしれない。次はいったいどんな表情を、どんな一面を見せてくれるのか。

あわせて読みたい
カレン・ギラン

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』脚本は「3部作で一番」 ─ ネビュラ役カレン・ギラン、『アベンジャーズ/エンドゲーム』冒頭はRDJとの即興だった

Source: Fandom

Writer

南 侑李
minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「まるで、映像を見ているかのように読者が想像できるような」文章をモットーに映画の記事を執筆しています。四六時中、「映画」のことばかり考えている映画人間です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly