Menu
(0)

Search

『ターミネーター:ニュー・フェイト』は「ターミネーター版フォースの覚醒」 ─ 海外最速レビューで「第2作以来、余裕で最高の続編」との声多数

ターミネーター:ニュー・フェイト
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

「ターミネーター/フォースの覚醒」とは、いかに。このたび、アーノルド・シュワルツェネッガー主演『ターミネーター』シリーズの最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』の海外最速レビューが到着した。

シリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作・脚本を担当し、傑作『ターミネーター2』(1991)の正統なる続編として製作された本作には、ざっくり分けて数種類の感想が並んでいる。逆に言えば、本当に数種類の感想しか並んでいないのだが、そこに並んでいる言葉は、まさしく『ターミネーター』の復活を意味するもの。海外ジャーナリストたちの言葉を紐解きつつ、T-800とサラ・コナーの帰還に備えてほしい。


「『ターミネーター2』以来、余裕で最高の続編」

思えば『ターミネーター』シリーズは、『ターミネーター3』(2003)以降、新作が生み出されるたびに賛否を分けてきた。そんな中にあって、まずはジェームズ・キャメロンとアーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトンの揃い踏みを喜びつつ、『デッドプール』(2016)ティム・ミラー監督が成し遂げた仕事に期待を膨らませてみたい。なにしろ本作には「『ターミネーター2』以来、余裕で最高の続編」との言葉が躍っているのだ。

スティーヴン・ワインストラウブ(Collider)

『ターミネーター2』以来、余裕で最高の『ターミネーター』。すばらしいアクションがあり、全員がカッコいい3人の女性主人公を見事に扱っているのもすごく良かった。つまり、サラ・コナーとして帰ってきたリンダ・ハミルトンも最高。『ホルト・アンド・キャッチ・ファイア~制御不能な夢と野心~』以来、マッケンジー・デイヴィスのファンですが、彼女は新たな次元に進んでいるし、本当にクール。『ニュー・フェイト』の彼女が好きになったら、『ホルト・アンド・キャッチ・ファイア』を見直してほしい。」

エリック・デイヴィス(Fandango)

『ターミネーター2』以来、余裕で最高の『ターミネーター』続編。余裕で今年もっとも楽しいアクション映画でもあり、スリリングで、激しく、ノンストップで、けれども関係の回復を描いた素敵な物語でもあります。アーノルドは素晴らしくて、リンダは最高。しかしマッケンジー・デイヴィスが見事にやり遂げている。」

ペリ・ネミロフ(Collider)

『ターミネーター:ニュー・フェイト』が『T2』以来最高かどうかって? ええ。リンダ・ハミルトンの復帰は大きな変化をもたらし、マッケンジー・デイヴィスはとにかくカッコ良く、ナタリア・レイエスがきちんと支える。ガブリエル・ルナのREV-9もすごくいい。肉体のアクションも、VFXのアクションも狙い通り。(『ターミネーター』が)再び始まったことを喜びましょう。」

ハーレイ・フォウチ(Collider)

「クィアの女性たちにお知らせ。『ターミネーター:ニュー・フェイト』のマッケンジー・デイヴィスがあなたの人生をメチャクチャにすることを、あなたたちはまだ知らない。(マッケンジー演じる)グレイスは最高だと思ったし、あなたもそう思うはず。だけど、あなたはそのことをまだ知らない。

映画について言えば、鮮やかな出来ばえ。アクションは非常にうまく織り上げられていて、リンダ・ハミルトンは超一流。『T2』以来、余裕で一番の続編。“ダメになっていないものは直さない”という『フォースの覚醒』精神を(ジェームズ・)キャメロンの映画に取り入れ、まだダメになっていないということを証明しました。」

『ターミネーター/フォースの覚醒』

『フォースの覚醒』とは、『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作の第1作となった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)のこと。J・J・エイブラムスが『スター・ウォーズ』に持ち込んだ発想に似たところが本作にも見受けられることは、ほかにもいくつかの書き手が指摘しているところだ。これこそ、海外から届いた声に共通する“もうひとつの言葉”である。

エリック・アイゼンバーグ(Cinema Blend)

「『ターミネーター:ニュー・フェイト』が、『T2』以来最高の続編だったことを報告できるのをうれしく思います。まさに“基本に戻る”映画です――そういう意味では『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を思い出します――が、新たなヒーローたちは見事で、パワフルなレジェンドたちを見られるのも最高。アクションは素晴らしいです。」

ジャーメイン・ルシアー(Gizmodo)

『ターミネーター:ニュー・フェイト』は実質『ターミネーター/フォースの覚醒』。満足できる、エキサイティングなリブートであり、基本的には1作目と2作目の最高な部分をブレンドしたもの。(マッケンジー・)デイヴィスと(ナタリア・)レイエス、(リンダ・)ハミルトンは絶品で、アクションには驚き、一方で親しみのある作品です。『T3』以降、余裕で一番の出来。『ターミネーター』が帰ってきた。

ピーター・サイレッタ(/Film)

「『ターミネーター:ニュー・フェイト』は、みなさんの予想以上に良い作品です。『ターミネーター』版『フォースの覚醒』を懸命に目指しており、それは概ね成功しているのです。ただし、(ジェームズ・)キャメロンの発明、革新、演出が不足していますが。アーノルド(・シュワルツェネッガー)が素晴らしく、『ターミネーター2』後の出演作で最高。」

ちなみに、ここまでの感想においても言及されているように、本作ではサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンに主な軸足が置かれていることも忘れてはならない。『ターミネーター/フォースの覚醒』とも言われているかたわら、キャメロンの脚本、ミラー監督による演出は、新たな局面に進みだしてもいるようだ。

マット・シンガー(Screen Crush)

『ターミネーター』はアーノルド(・シュワルツェネッガー)のシリーズだと思われています。『ニュー・フェイト』は、彼が作品を成功させるカギではなかったことを証明しました。むしろ、それはリンダ・ハミルトンだったのです。今回の彼女は素晴らしく、映画は非常に洗練されています(私は最近『ターミネーター』続編の全作品を擁護しましたが、この映画であなたもそうすることでしょう)。」

マイク・ライアン(UPROXX)

「私は『ターミネーター:ニュー・フェイト』に懐疑的でした。素晴らしい予告編だとは思っていなかったのです。けれども、最終的にはすごく楽しみました。(『T2』後の続編映画と比較して)違いをもたらしたのはリンダ・ハミルトンでした。常に彼女の物語であり、ハミルトンは必要な重みを作品に加えています。」

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』は2019年11月8日(金)全国ロードショー。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly