Menu
(0)

Search

【詳細レポート】『ターミネーター:ニュー・フェイト』シュワちゃん、T-800役は「今回で最後」 ─ リンダ・ハミルトンら豪華キャスト、来日記者会見に集結

ターミネーター:ニュー・フェイト
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

1984年に誕生した大ヒットシリーズ『ターミネーター』の最新作、『ターミネーター:ニュー・フェイト』が2019年11月8日(金)にいよいよ日本公開となる。傑作『ターミネーター2』(1991)の正統なる続編となった本作には、おなじみT-800役アーノルド・シュワルツェネッガーのほか、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンがカムバック。シリーズの生みの親、ジェームズ・キャメロンも製作・脚本として復帰した。

待望の日本公開に先がけて、11月5日(火)には超豪華キャストが来日しての記者会見が実現。アーノルド・シュワルツェネッガー、映画のプロモーションとしては初来日のリンダ・ハミルトン、最新型ターミネーター・REV-9役のガブリエル・ルナ、女性戦士グレース役のマッケンジー・デイヴィス、そしてダニー・ラモス役のラテン系新鋭女優ナタリア・レイエスが登壇した。


ターミネーター:ニュー・フェイト
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

キャスト来日コメント

アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800役)

みなさん、こんにちは。日本に、ここ東京に帰って来ることができて最高の気分です。日本には1972年から来させていただいています。最初はボディビルのチャンピオンとして、エクササイズをお見せするためにやってきました。それ以来、映画のプロモーションや(個人的な)バケーション、それからCMに出るために来ています。楽しいCMに出るためにね。毎回、帰る時には「アイル・ビー・バック(I’ll be back.)」と言うんですよ。日本に来るのはすごく楽しいですし、日本は非常に、すごく大切な市場だと考えています。すばらしい映画ファンの方々がいらっしゃいますし、いつも宣伝では楽しい滞在を過ごしています。特に今回は、最高のキャストと一緒に来られたこともうれしいです。

リンダ・ハミルトン(サラ・コナー役)

こんにちは。シュワルツェネッガー知事ほど、私にはお話しできることがありません(笑)。まだ東京に来るのは2回目なんですよ、1度目は『タイタニック』のワールド・プレミアで来ました[編注:当時の夫、ジェームズ・キャメロン監督の付き添いで]。またこの場所に来るには良いタイミングだったと思います。これから何度も、たくさん来られたらいいなと思いますが、次は旅行客として来てみたいですね。いろんなことを経験してみたいと思います。今回はお招きいただき、ありがとうございます。

マッケンジー・デイヴィス(グレイス役)

お呼びいただき、ありがとうございます。この時をずっと待っていました。日本にはずっと来てみたかったので、ここにいられてすごくワクワクしています。この映画とともに、作品のため懸命に仕事をしてきた出演者の方々と一緒に来られたことを光栄に思います。日本のみなさんに観ていただきたいと思います。温かく歓迎していただき、ありがとうございます。この美しい日本について、いろいろ知ることができるのも楽しみですね。

ナタリア・レイエス(ダニー・ラモス役)

コンニチハ、トーキョー(日本語)。私は日本に来られることを、本当に楽しみにしていました。この映画を日本の方々にご紹介できることをうれしく思います。懸命に心を込めて作った作品です。日本に来るのは初めてで、少しのあいだ滞在することができるので、あちこち見て回れるのが楽しみです。私は日本の文化も、日本食も大好きなんです。今回、素晴らしいレジェンドの方々と一緒に来られたことも光栄です。ありがとうございます、夢が叶ったようです。

ガブリエル・ルナ(REV-9役)

コンニチハ(日本語)。まずは深く感謝したいと思います。この作品で日本にお招きいただき、ありがとうございます。もともと僕は、今まで行ったことのなかった国の中で、日本に一番行ってみたかったんです。妻に「どの国に行ってみたい?」って聞かれるたび、「日本だよ」と言っていたんです。それだけでなく今回の作品では、日本ならではの文化的な要素やテクニックを演技に役立てていました。そういう意味でも、日本に来られて本当にうれしいです。

ターミネーター:ニュー・フェイト
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

記者からの質疑応答

──(アーノルド、リンダに)お二人揃っての来日はいかがですか?

アーノルド:すごく楽しいですよ。最高のキャストに来日できて、すごくうれしく思います。今回、ジェームズ・キャメロンが新しいストーリーを作ってくれて、素晴らしい脚本家たちが加わり、最高の監督であるティム・ミラーが作品をまとめてくれました。複雑で、しかもチャレンジングなプロジェクトでしたが、監督はキャラクターの演技をよく理解してくれて、アクションやVFXについても深い理解がある人。見事な仕事をしてくださり、僕たちも誇りを持てる作品になりました。そんな作品を、ここ日本にご紹介できてうれしく思います。

リンダ:ここ日本に2人で来ることができて、すごくうれしく思います。アーノルドとは35年来の友人で、信頼もしているし、お互いに演じる上での自由もある。これだけの期間、長く一緒にやれる人もなかなかいないんですよ。今回、お互いの信頼も、ユーモアも、さらに進歩したと思います。2人の歴史がそうさせたんですよ。

──(マッケンジー、ナタリア、ガブリエルに)『ターミネーター』シリーズに参加されての感想をお聞かせください。

ガブリエル:新しいキャストの一人として言えることは、一生の夢が叶ったということです。小さい頃から『ターミネーター』の大ファンだったんですよ。こういうジョークを言っているんです。「ジャーニー」というバンドのボーカルがいなくなった時に、バンドのファンがリード・シンガーの後継者になったということがあって。まさにそれと同じような気持ちで、大ファンだからこそ、ターミネーターを演じる機会を与えられたような気がしますし、ウソみたいに思えるし、感謝の気持ちでいっぱいです。リンダとアーノルドの関係をこの目で目撃できたことは幸運でした。お二人の仕事を見ているだけでいろんなことを吸収できましたし、たくさん学ぶことができて、素晴らしい体験でした。

マッケンジー:シリーズに参加でき、その歴史の一部になれて光栄です。この作品は、リンダとアーノルドが築いてきた歴史を継承していく映画でもありますし、そんな映画でお二人と共演できたのも素晴らしい体験でした。それから、サラ・コナーという、不朽の戦う女性像にも感銘を受けていましたし、その物語に参加できたことも楽しかったです。ティム・ミラー監督とご一緒できたのも素晴らしかったですね。彼のビジョンは明確かつエキサイティングで、ビジュアルやVFX、スタントを扱う才能が非常に長けているだけでなく、キャラクターのこともきちんと見てくださいました。『ターミネーター』の1作目、2作目はキャラクターにしっかりと焦点が当たっていて、それが作品を特別なものにしたんだと思います。私たちもそれにのっとって、この映画を作ることができました。

ナタリア:『ターミネーター』に参加できたことは、私にとってはギフト(贈り物)のようなもの。本当に光栄です。世界的に有名、巨大なシリーズで、私の故郷から遠く離れたこの国でもみなさんに愛されていますし、描かれている物語は、今も非常に重要なもの。素晴らしいキャストともご一緒できましたし、アーノルド、リンダというレジェンドのお二人に出会えたこと、お二人が自分たちの力を意識し、きちんと規範を持って、よりよいことに使おうという姿勢にも感銘を受けました。私は、ラテン系の代表として『ターミネーター』に参加しているのだという責任を感じています。多様性という意味でハリウッドは変わりつつあり、いろんな方々が入る余地が生まれているのだと思います。

ターミネーター:ニュー・フェイト
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

──(アーノルド、リンダに)これまでの35年間、お互いに変わったこと、変わっていないことについてお聞かせください。

リンダ:私は長い間、アーノルドがあらゆる形で成長し、変化してきたのを見てきました。家族を持ち、知事になって、素晴らしい政治家になり、世界的な気候変動について訴える活動家にもなりました。それからチェスの名人にもなりましたよね。そういう成長を喜びながら見てきました。

アーノルド:1984年の1作目から、リンダとの間で友情を築いてこられたことを幸せに思っています。その後も友情は続いて、2作目の共演以降も、僕が知事になった時には就任式にも来てくれたんです。僕は共和党員で、リンダは共和党派じゃなかったと思いますが(笑)、それでも来てくれて。素晴らしい友情をうれしく思います。

間違いなく、リンダは歴史を作ってきたと思うんです。1984年に女性アクション・ヒーローの高い基準を作り、1991年(『ターミネーター2』)にはさらなる高みに上った。リンダのように激しく、そして説得力のあるアクションを演じる女性は見たことがありません。だから、キャメロンから「新しい物語でリンダ・ハミルトンを復帰させる」という話を聞いた時には、もちろんリスクがあったわけです。28年近く経って、あの高い基準に再び到達できるのかって。けれども、リンダには圧倒されました。すごく派手なアクションを見せてくれて、驚かされましたね。水準をはるかに超える、60歳という年齢で素晴らしい動きを見せてくれて。筋肉をしっかり作ってきて、武器を操る軍事的トレーニングも積んで、献身的に準備をしてきてくれて、彼女の姿勢は僕たち全員に刺激を与えてくれました。今回はリンダの存在が非常に大きな財産になっています。だから、これまでの作品に出ていなかったのは間違いだったんじゃないかと思っているほどですよ。

ターミネーター:ニュー・フェイト
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

──(全員に)アクションの撮影で楽しかったところ、苦労したところを教えてください。

アーノルド:他のキャストからどうぞ。

ガブリエル:僕にとって思い出深いのは、サラ・コナーとT-800が、僕(REV-9)に向かってグレネードランチャーや銃をぶっ放すシーン。自分の映画のキャリアで最高の瞬間でしたね。僕の操縦するヘリに向かって2人が撃ってくるというシーンだったんですが、スタジオにヘリがあるわけではないので、自分が現場にいる必要はなかったんです。だけど(2人の)演技の目線を合わせるため、カメラに映らないところにいたんですよ。僕のおもちゃ箱にアクションフィギュアとして入っていた2人が僕に銃を撃ってくるなんて、本当に興奮しましたね。

マッケンジー:忘れられないアクションはたくさんありますよ。私にとっては初めてのアクション映画だったんですが、どうやら普通のアクション映画よりもアクションの量が多くて、私が操縦した乗り物もずいぶん特殊だったみたいですね。私が特に覚えているのは、南スペインの高速道路でカーチェイスのシーンを1週間半かけて撮った後、サラ・コナーが登場するシーンを撮ったこと。自分が映画の中に入って、100%サラ・コナー本人がそこにいるという体験をさせていただきました。感じとして出てきたんですよ。ドラム型のショットガンを持って現れて……えっと……。

リンダ:「オリジン」。タクティカル・ショットガン。

マッケンジー:…銃です(笑)。それでガブリエルに銃弾を撃ち込んでいく姿が、本当に自然で、本当にスゴくて、ワクワクしました。

ターミネーター:ニュー・フェイト
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

ナタリア:私にとっては、すべてのアクションが大きなチャレンジでした。アクション映画に慣れていない者としては、まったく新しい言葉を勉強するようで大変だったんです。水中のアクションシーンを、ブダペストで1ヶ月~1ヶ月半かけてリンダたちと撮ったんですが、夜の6時から朝の6時まで、12時間ずっと水中で撮影していて。その最終日はクタクタになっていて、本当に死ぬかと思いましたね…まあ、死んでないからここにいるんですけど(笑)。それほど私はボロボロになっていたのに、リンダはものすごくお元気で、「行きましょう!やりましょう!」って。周りを元気づけていて、「ウソでしょ」と。本当に素晴らしかったです。

リンダ:みなさん、すごく良いことを言ってくださって、ありがとうございます。「This Is My Life」というテレビ番組があったんですが、それに出ているみたい。「ああ、全部私のことか」みたいな気分ですね(笑)。私が一番大変だったアクションシーンは、「アイル・ビー・バック」というセリフを言うことでした(笑)。あのセリフを言うのは本当に難しいんです。私には、35年前にアーノルドが言ったままの声で聞こえるんですよ。何度も挑戦して、そのたび監督に「どうだった?」って聞いていたんですが、「アーノルドみたいだった」って言われていましたね。

ともかく、まじめなこともお話ししますね。アクションの撮影は毎日とても大変でしたが、一番忘れられないのは水中の撮影です。数週間も水中で毎晩撮影していて、二人とも耳の炎症が起きてしまったんですよ。水の中にはスタッフが300人くらい入っていましたから。それで、やっと水から出たと思ったら、今度はダムから逆さ吊りにされて。90度に吊るされるんですが、耳の炎症が治っていないので、平衡感覚がなくて、吐き気がする、めまいがする。人生最大のアクションシーンを撮っているのに、吐き気はするしめまいはするしで大変でした。

アーノルド:特に楽しかったのはREV-9との対決です。とにかく脚本がよく書かれていて、すごく面白い。どういう内容なのかは言いませんが、とにかくよくできていたので、僕は精いっぱい格闘を楽しみました。自分たちで実際に演じるところと、スタントマンに入ってもらうところと、最終的にVFXが加えられるところがありましたね。急降下していく飛行機での戦いなので、大変な挑戦になったんですが、とても面白い体験でした。いろんなことが起きている中で戦わなくてはいけないし、ワイヤーで吊られるし、いろんなものが飛び交うし、という危険な状況で。そういう危なさを楽しむんだという姿勢で、楽しく撮影をすることができました。

ガブリエル:ひとつだけ言わせてください。本当に、撮影は楽しくてしかたなかったんです。アーノルドの手を見てください、僕の頭くらい大きいんですよ。そんな手で何度も殴られながら、僕はタフな役なので、ぜんぜん平気だって演技をしなきゃいけなかったんです。だけど心の中では童心に返って、メチャクチャ楽しんでいましたね。

ターミネーター:ニュー・フェイト
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

──(アーノルドに)T-800というキャラクターをこんなに長く演じることになると思っていましたか?

アーノルド:すごく良いご質問ですね。(これほど長く続くとは)誰も思っていませんでした。1作目は小さな映画、B級アクション映画だと思われていて、スタジオも主力作品として扱っていなかったんです。むしろ恥ずかしいと思われていたのかもしれない。だけど、編集段階でスタジオが(出来栄えに)驚いて、それから批評家たちも驚いて、Time誌ではその年の映画トップ10に選ばれました。公開されたらすごく人気が出て、続編を求める声が出てきましたが、『ターミネーター2』を作ることも1990年にジェームズ・キャメロンが決めたこと。だから、当時は6作品も作られるなんて想像もしませんでした。4作目の時は知事をやっていたので、僕は参加していませんけどね。

このシリーズは、僕のキャリアに大きな影響を与えています。1作目当時の僕は、こういうアクション映画に主演する俳優を目指している段階で、だから『コナン・ザ・グレート』などに出ていたところがあったんですよ。映画というものは観客が決めてくれるものだと思いますから、素晴らしいシリーズ、これほど大成功したシリーズに関われたことをうれしく思います。僕を信頼して、ターミネーター役を演じるようにと僕を説得してくれたキャメロンに感謝しているんです。最初はターミネーター役にまったく興味がなくて、むしろヒーローのカイル・リース役を演じたいと思っていたので。

ターミネーター:ニュー・フェイト
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

──(アーノルドに)いつまでも観ていたいのですが、いつまで『ターミネーター』に出演しつづけたいとお考えでしょうか。

アーノルド:僕自身は今回で終わりだと思っています。だけど、それも観客のみなさんがどう思われるかというところもありますから、分かりません。まずは僕の演じるターミネーターを楽しんでいただきたいと思います。

──(アーノルド、リンダに)もしも過去に戻って、ひとつだけ変えられることがあるとしたら、何を変えますか。

リンダ:1作目の私の髪形です(会場笑)…その答えではあんまりですよね(笑)。もしも戻れるなら、2016年の大統領選をやり直したいと思います。

アーノルド:100年くらい前に戻って、人々に「原油や化石燃料を頼りにするのはやめなさい」と伝えたい。私たちの使っている燃料のために、毎年700万人が命を落としているし、温室効果ガスが発生したり、環境破壊が起こったり、水も汚染されたりしています。より早い時点から、電気や水で走る自動車など、別のエネルギーを頼りにすることができたらと思いますよ。

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』は2019年11月8日(金)全国ロードショー

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly