X-MENスピンオフ『ニュー・ミュータンツ』米国版予告編公開!ド直球ホラーで切り拓く、マーベル映画の新地平

マーベル&20世紀フォックス社による映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品、映画『ニュー・ミュータンツ(原題:New Mutants)』の第1弾予告編が米国にて公開された。

かねてより「ティーンのミュータントによる青春群像劇」そして「ホラーテイスト」だといわれていた本作だが、蓋を開けてみれば、予告編は正面ド直球のホラー映画ぶり。まずは百聞は一見に如かず、その全貌を(部屋を暗くして)ご覧いただきたい。

物語の舞台は、ミュータントの若者たちが収容されている施設だろうか。コミックや映画において、あらゆるテーマの象徴として描かれてきたミュータントの能力が、今度は怪奇現象として描かれることになりそうだ。では、その“怪奇現象”なるものが数多のホラー映画においてしばしば意味してきたこととは……?
『デッドプール』(2016)や『LOGAN/ローガン』(2017)で、ヒーロー映画/アメコミ映画の地平を切り拓いてきた20世紀フォックス社による新たな試みとなりそうだ。

なお20世紀フォックス社の公式Twitterでは、この予告編とともにEveryone Has Demons.(みんなの中に悪魔がいる)”という言葉が添えられている。映画の内容を予想する上では、ピンク・フロイドによる楽曲「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール」が一部使用されていることに注目してみてもいいだろう。

予告編でその“恐怖顔”を存分に見せつけているのは、『スプリット』(2017)で陰のある魅力を発揮したアニャ・テイラー=ジョイ。そのほか『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011-)のメイジー・ウィリアムズ、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(2016-)のチャーリー・ヒートン、『13の理由』(2017-)のヘンリー・ザーガなど、人気の海外ドラマで注目されるフレッシュな俳優陣が揃った。
監督を務めるのは『きっと、星のせいじゃない。』(2014)のジョシュ・ブーン。前作までの瑞々しい作風から大胆な転換となるが、若者の機微を丁寧に描く手腕には今回も期待したい。

映画『ニュー・ミュータンツ(原題:New Mutants)』は2018年4月13日米国公開予定

Sources: http://www.cbr.com/new-mutants-first-teaser-trailer-x-men-spinoff/
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=bu9e410C__I

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。