Menu
(0)

Search

ニッキー・ミナージュ、映画『アングリーバード』続編に参戦 ─ 前作キャストも続投、新キャストに『オーシャンズ8』オークワフィナなど

Photo by Eva Rinaldi(https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/8229255038)

歌手でラッパーのニッキー・ミナージュが、40億回ダウンロードを突破した人気アプリゲームの映画化『アングリーバード』(2016)の続編で声優を務めることが明らかになった。Varietyが報じている。

ニッキー・ミナージュは「Super Bass」(2011)「Starships」(2012)「Anaconda」(2014)など、数々の大ヒット曲でお馴染みのフィメール・ラッパー。デビュー・アルバム「Pink Friday」は、米音楽アルバムチャートBillboard 200で1位に輝いている。女優としては、キャメロン・ディアス主演の『ダメ男に復讐する方法』(2014)に出演した他、声優としてアニメ映画『アイス・エイジ4/パイレーツ大冒険』(2012)に参加している。本作でのニッキーの役柄は、2018年12月26日現時点で明らかになっていない。

本作には、レッド役の『モンスター上司』(2011)ジェイソン・サダイキス、チャック役の『美女と野獣』(2017)ジョシュ・ギャッド、レオナルド役の『インサイド・ヘッド』(2015)ビル・ヘイダー、ボム役の『ハロウィン』(2018)脚本家ダニー・マクブライド、マイティーイーグル役の「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-)ピーター・ディンクレイジが続投する。

新キャストも実に豪華だ。コメディ俳優として活躍する『オーシャンズ8』(2018)『クレイジー・リッチ!』(2018)で人気沸騰中のオークワフィナ、『ゴーストバスターズ』(2016)レスリー・ジョーンズ、『ゲットアウト』(2017)リル・レル・ハウリーらの起用が明らかになっているほか、『ディセンダント』シリーズで知られる、若者に大人気のダヴ・キャメロンの出演も決定。またドラマ界からは、「THIS IS US 36歳、これから」(2016-)『ブラックパンサー』(2018)スターリング・K・ブラウン、「シリコンバレー」(2014-)ザック・ウッズ、「クレイジー・エックス・ガールフレンド」(2015-)レイチェル・ブルームが参戦する。

メガホンを取るのは、本作が監督デビュー作品となるサーオップ・バン・オーマン。前作より引き続き、『怪盗グルーの月泥棒』(2010)のジョン・コーエンがプロデューサーを担当する。配給は、米ソニー・アニメーション。

映画『アングリーバード2(邦題未定、原題:Angry Birds Movie 2)』は、ゲーム発売10周年の2019年8月16日に全米公開予定。ニッキーが本ゲームのどのキャラクターを演じるか、注目が集まる。

Source: Variety

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly