Menu
(0)

Search

ギレルモ・デル・トロ『ナイトメア・アリー』日本公開決定 ─ ブラッドリー・クーパー&ケイト・ブランシェットら豪華共演作

ナイトメア・アリー
©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)でアカデミー作品賞を制した鬼才監督、ギレルモ・デル・トロによる『Nightmare Alley(原題)』が、『ナイトメア・アリー』として、2022年2月25日(金)に日本公開されることが決定した。あわせて場面写真、ティザー予告が到着している。

ギレルモ・デル・トロ監督が映画化に挑むのは、1946年に出版された伝説的傑作といわれる同名小説。エドマンド・グールディング監督が『悪魔の往く町』(1947)として過去に映画化していたが、Vanity Fairのインタビューにてデル・トロ監督は、「小説に立ち返って、リメイクではなく新たな映画化を目指しました」と説明している。

ティザー予告は、ショービジネスでの成功を目指す野心溢れる青年、スタンがバスから降り立つ様子から始まる。たどり着いたのは、人間とも獣ともつかない生き物を出し物にする、華やかさと怪しさに満ちたカーニバル。 スタンは読心術を身につけ、ショービジネスの世界をその才能と魅力と共に駆け上がっていくが、その先には予想もつかない栄光と闇が待ち受けていた。ここでは華やかでファンタジーさもありながら、奇妙で不穏な空気に包まれた鬼才監督でしか創造できない映像世界が展開されていく。

スタンを演じるのは、『アメリカン・ハッスル』(2013)『アメリカン・スナイパー』(2014)などのブラッドリー・クーパー。スタンの前に現れる謎めいた女性精神科医役は、『キャロル』(2015)『オーシャンズ8』(2018)などのケイト・ブランシェットが演じる。そのほかのキャストには、ウィレム・デフォーやトニ・コレット、ルーニー・マーラデヴィッド・ストラザーンリチ ャード・ジェンキンスロン・パールマンといった豪華な顔ぶれが一同に会している。

映画『ナイトメア・アリー』は、2022年2月25日(金)全国公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly