ウォーキング・デッドのノーマン・リーダス、マーベル『ゴーストライダー』役に意欲メラメラ

大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』シリーズでバイクを乗りこなすダリルを演じ、一躍人気者になったノーマン・リーダス。最近ではバイクメーカーAMCのドキュメンタリー番組”Ride with Me”にも出演し、無類のバイク好き俳優として名を馳せるリーダスはこの度、Uproxxのインタビューで「ゴーストライダー」役に意欲をメラメラ燃やしている事を明かした。

ノーマン・リーダス

http://www.amc.com/shows/the-walking-dead/talk/2015/10/amc-greenlights-non-fiction-series-ride-with-norman-reedus

インタビューでは、ゴーストライダーことジョニー・ブレイズを演じる事に興味はないかと問われ、「Hell Yeah!」と回答。

「たまんねぇな。燃えたぎるスカルフェイスやら諸々手に入れられたら?Fuck Yeah!シビれるぜ」

ゴーストライダーといえば、燃えるスカルフェイスの出で立ちでバイクを乗り回すマーベルのオカルト系ヒーロー。『贖罪の目』という能力があり、ゴーストライダーと目を合わせた人間の罪の意識や、その人が過去に他人に与えた苦痛がすべて振りかかるという恐怖すぎる能力。チートすぎて並大抵のヴィランなら一掃できてしまうため、MCUに参加した際は他のヒーローとの能力バランスがどうなっちゃうんだよマジでと恐れられていた。

ghost rider

http://comicvine.gamespot.com/articles/ghost-rider-2-daredevil-more-marvel-movies-coming-/1100-139442/

ゴーストライダーは2007年と2011年にソニー制作、ニコラス・ケイジ主演で実写映画化されているが、成功とは言えない結果に終わった。その後キャラクターの権利はマーベルに戻ったが、ソニー版の設定は継がない事が明かされている。つまり再度ゴーストライダーが実写化されるのであれば、リブート版となる。

とは言え、MCUは今後数年間、すでに制作スケジュールがパンパンに埋まっている。近年中に実写化の可能性があるのであればNetflixのドラマ版になるのではないだろうか。

無類のバイク好きとして知られるノーマン・リーダス。ゴーストライダーとしてのイメージはピッタリだ。ダークヒーローの復活を心待ちにしたい。

Eyecatch Image:http://www.cosmicbooknews.com/content/norman-reedus-says-f-yeah-playing-marvels-ghost-rider

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。