Menu
(0)

Search

ニコール・キッドマン&イーサン・ホーク共演、『ライトハウス』監督初大作の米公開日決定 ─ ノルウェーの王子による復讐劇

ニコール・キッドマン&イーサン・ホーク
Photo by Georges Biard https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Nicole_Kidman_Cannes_2017.jpg | Montclair Film https://www.flickr.com/photos/montclairfilmfest/41955975762/ | Remixed by THE RIVER

『ウィッチ』(2015)『ライトハウス』(2021年7月9日に日本公開)などで知られる、ロバート・エガース監督の新作映画『The Northman(原題)』の米国公開日が、2022年4月8日に決定した。米Deadlineなどが報じている。

ロバート・エガース監督初となるこの大作映画には、錚々たる豪華俳優陣が集結した。ニコール・キッドマンイーサン・ホークをはじめ、『ライトハウス』につづくタッグとなるウィレム・デフォー、『ウィッチ』につづくアニャ・テイラー=ジョイアレクサンダー・スカルスガルド、そして『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000)など女優としても活躍中、ミュージシャンのビョークが名を連ねている。

そんな名だたる俳優陣が集う本作は、10世紀のアイスランドを舞台に、ノルウェーの王子による亡き父親の復讐を描く物語。出演者の役どころについては依然として不明のままだが、既報では、ビョークはスラブ民族の魔女役として登場するとのことだ。これには魔女の恐怖を描いた『ウィッチ』を思い起こす方もいるだろう。ビョークが魔女役として登場することが事実であれば、本作も単なる歴史映画にはならなそうだ。

なお、このたび発表された米公開日は少しばかり異例とも言えるだろう。前作『ライトハウス』は、カンヌ国際映画祭(5月開催)にて初披露目となり、現地の批評家から絶賛の嵐だった。そのため最新作では、カンヌのコンペ入りを狙うものと思われていたが、どうやらそうはならなそうだ。ヴェネツィア国際映画祭(8・9月開催)への出品の可能性も時期的に低いため、サンダンス映画祭(1月開催)、もしくはベルリン国際映画祭(2月開催)への出品を視野に入れているのかもしれない。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly