Menu
(0)

Search

ニコール・キッドマン&イーサン・ホーク共演、『ライトハウス』監督初大作の米公開日決定 ─ ノルウェーの王子による復讐劇

ニコール・キッドマン&イーサン・ホーク
Photo by Georges Biard https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Nicole_Kidman_Cannes_2017.jpg | Montclair Film https://www.flickr.com/photos/montclairfilmfest/41955975762/ | Remixed by THE RIVER

『ウィッチ』(2015)『ライトハウス』(2021年7月9日に日本公開)などで知られる、ロバート・エガース監督の新作映画『The Northman(原題)』の米国公開日が、2022年4月8日に決定した。米Deadlineなどが報じている。

ロバート・エガース監督初となるこの大作映画には、錚々たる豪華俳優陣が集結した。ニコール・キッドマンイーサン・ホークをはじめ、『ライトハウス』につづくタッグとなるウィレム・デフォー、『ウィッチ』につづくアニャ・テイラー=ジョイアレクサンダー・スカルスガルド、そして『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000)など女優としても活躍中、ミュージシャンのビョークが名を連ねている。

そんな名だたる俳優陣が集う本作は、10世紀のアイスランドを舞台に、ノルウェーの王子による亡き父親の復讐を描く物語。出演者の役どころについては依然として不明のままだが、既報では、ビョークはスラブ民族の魔女役として登場するとのことだ。これには魔女の恐怖を描いた『ウィッチ』を思い起こす方もいるだろう。ビョークが魔女役として登場することが事実であれば、本作も単なる歴史映画にはならなそうだ。

なお、このたび発表された米公開日は少しばかり異例とも言えるだろう。前作『ライトハウス』は、カンヌ国際映画祭(5月開催)にて初披露目となり、現地の批評家から絶賛の嵐だった。そのため最新作では、カンヌのコンペ入りを狙うものと思われていたが、どうやらそうはならなそうだ。ヴェネツィア国際映画祭(8・9月開催)への出品の可能性も時期的に低いため、サンダンス映画祭(1月開催)、もしくはベルリン国際映画祭(2月開催)への出品を視野に入れているのかもしれない。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly