Menu
(0)

Search

「ストレンジャー・シングス」&「オビ=ワン・ケノービ」、それぞれ最高の視聴記録を樹立

オビ=ワン・ケノービ
(C)2022 Lucasfilm Ltd.

2022年5月27日に配信開始されたNetflixのドラマストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン4と、ディズニープラス(Disney+)のリミテッドシリーズオビ=ワン・ケノービが、それぞれ視聴記録を樹立したことが明らかとなった。米Deadlineなどが報じている。

コロナ禍で製作が遅れたことにより、2019年の「ストレンジャー・シングス」シーズン3から約3年ぶりにリリースされたシーズン4パート1は、プレミア週末に2億8,679万時間の視聴時間を記録。これまでにナンバーワンを保持していた「ブリジャートン家」シーズン2の1億9,300万時間を大きく上回り、Netflixのオリジナルシリーズとして過去最大となるプレミア週末視聴時間を叩き出した。

またシーズン4は、83か国にてプレミア週末視聴時間で1位を獲得した同シリーズ初のシーズンとなり、新たな記録を樹立。Netflixが追跡している93か国すべてでトップ10にランクインしている。さらにシーズン4がリリースされた影響で、5月23日~5月29日の週にシーズン1(3,800万時間)、シーズン2(2,200万時間)、シーズン3(2,430万時間)が英語番組の視聴時間ランキングTOP10に食い込んだというから、その勢いと人気の凄さが伺える。

対して『スター・ウォーズ』の米公式Twitterは、プレミア週末にストリーミング再生された時間に基づき、「オビ=ワン・ケノービ」がディズニープラスで最も視聴された作品になったことを報告。具体的な視聴時間は発表されていない。

一方で、視聴者分析を提供する米Samba TVの統計を基にしたDeadlineが、プレミア週末の米国における「オビ=ワン・ケノービ」第1話の視聴世帯数は214万世帯だったと報道。「ストレンジャー・シングス」シーズン4は290万世帯となり、「オビ=ワン・ケノービ」よりも多かったと伝えているが、Netflixとディズニープラスが発表した数字や統計ではないことを留意しておきたい。

いずれにしても、今後も「ストレンジャー・シングス」シーズン4と「オビ=ワン・ケノービ」は、さらに数字を伸ばしていくことが予想される。「ストレンジャー・シングス」シーズン4 Vol.1はNetflixにて配信中。「オビ=ワン・ケノービ」はディズニープラスにて、毎週水曜日に新エピソードが配信。

Source:Deadline[1], [2],Twitter

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly