Menu
(0)

Search

オビ=ワン・ケノービとダース・ベイダーは「ラブストーリー」、「彼らはお互いを愛していた」とドラマ版監督が持論

オビ=ワン・ケノービ
(C)2022 Lucasfilm Ltd.

かつては師弟関係にあったオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダーが、『スター・ウォーズ』シリーズについに帰還する。そんなふたりが築き上げてきた関係性は“ラブストーリー”であると、Disney+ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」のデボラ・チョウ監督が持論を展開している。

『スター・ウォーズ』プリクエル・トリロジーこと新三部作では、ジェダイ・マスターのオビ=ワンとパダワンのアナキンが師弟関係として結ばれていく。ところが、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)の最後で、パルパティーンからの誘惑に負け、アナキンはダークサイドに堕ちてしまった。これにつづく『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977)では、ダース・ベイダーとなったアナキンとオビ=ワンの死闘が繰り広げられ、オビ=ワンはかつての弟子に敗北し死亡。そこに至るまでのふたりの知られざる過去が、ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」で描かれることになる。

この度、監督のデボラ・チョウが、Vanity Fairのインタビューに登場。チョウはオビ=ワンとアナキンの関係性について、「私にとってはプリクエルもオリジナルトリロジーも、このふたりのラブストーリーのダイナミズムが作品全体を貫いていると考えています」と述べている。

本作の舞台は、『シスの復讐』から10年後。“オーダー66”によってすべてのジェダイは抹殺されていたが、オビ=ワンはアナキンが闇堕ちしたことを自分のせいだと考え、罪悪感まで抱えていた。チョウは、オビ=ワンにとって大切な存在である弟子を「本作に登場させないのは、かなり難しい気がしたんです」と、アナキンの再登場は必要不可欠だったと説明している。

オビ=ワンが彼を気にしなくなることはないと思います。あの関係で特別なのは、彼らがお互いを愛していたということですから」。どこまで残酷な暗黒卿になろうとも、オビ・ワンはアナキンのこといつまで深く気にかけつづけるということだろう。『シスの復讐』から『新たなる希望』までの空白期間で、ふたりの間に一体何が起きたのか……。

師弟同士の運命の再会が期待されている「オビ=ワン・ケノービ」には、ユアン・マクレガーがオビ=ワンとして、ヘイデン・クリステンセンがアナキンとして復帰している。ファンから熱い視線が注がれている本作は、2022年5月27日より配信開始だ。

Source:Vanity Fair

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly