Menu
(0)

Search

『ONE PIECE』実写ドラマ化、麦わらの一味の配役はいかに ─ コロナ禍でも作業継続中

Netflixオリジナルシリーズ『ONE PIECE』
Netflixオリジナルシリーズ『ONE PIECE』

日本を代表する超人気コミック『ONE PIECE』の実写ドラマ化企画をNetflix準備中だ。麦わらの一味の配役に最大の注目が集まる中、公式からの発表は一切なされていない。実際のところ、配役は既に決まっているのだろうか……?

原作を愛する世界中の仲間達の間では現在、様々な予想や希望の声が溢れ返っている。最も多くの希望が飛び交ったのはサンジ役として、「リバーデイル」(2017-)のコール・スプラウス。“次世代の王子様”とも言われる程の美貌を持つ彼ならば、納得される方々も多いのではないだろうか。実際に本人も興味を示している様子が自身のInstagramにて示されていた。

この投稿をInstagramで見る

@damon_baker and I hittin you with that Sanji one two.

Cole Sprouse(@colesprouse)がシェアした投稿 –

これはあくまでも予想に過ぎないことは改めて明記しておきたい。何故ならば、ポッドキャスト「THE REVERIE」に登場した、本作の脚本家を務めるマット・オーウェンズが一連の噂について否定しているからだ。「まだ、配役は決まっていない。誰かどこかで情報を知ったなどと言っている人がいれば、それは全て嘘です」

従って今は予想・希望の範囲で妄想を膨らませたり、何かの修行に励んだりして、噂に振り回されないようにしよう。原作者・尾田栄一郎先生は『ONE PIECE』56巻にて、麦わらの一味の国籍について言及していたことがあったので、以下を参考にしながら楽しんでみてはいかがだろうか。

  • ルフィ(ブラジル)
  • ゾロ(日本)
  • ナミ(スウェーデン)
  • ウソップ(アフリカ)
  • サンジ(フランス)
  • チョッパー(カナダ)
  • ロビン(ロシア)
  • フランキー(アメリカ)
  • ブルック(オーストリア)

ちなみに、オーウェンズによると本作は新型コロナウイルスの影響を受けて、撮影の準備に遅れが生じているとのこと。とはいえ、現在もデザインなどの作業は継続的に進められている模様。今後の動向に注目したい。

あわせて読みたい

Source: ComicBook.com(1,2,3), THE REVERIE

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly