クリス・パイン主演映画『アウトロー・キング』映画祭上映経て20分の短縮へ ― 「より見やすく、より人物に迫るものになった」

『最後の追跡』(2016)のデヴィッド・マッケンジー監督とクリス・パインが再びタッグを組んだ、Netflix映画『アウトロー・キング ~スコットランドの英雄~』が、2018年トロント国際映画祭での上映を経て20分カットされたことがわかった。米Deadlineが伝えている。

1304~1307年を舞台にスコットランド王ロバート1世を描く『アウトロー・キング』は、2017年8月下旬から11月にかけて撮影が行われ、2018年1月から編集作業などポスト・プロダクションが実施されていた。マッケンジー監督をはじめとした製作陣は、映画祭での上映を目標に急ピッチで作業を進め、トロント国際映画祭の上映2日前にあたる2018年9月4日(現地時間)に137分の作品を完成させている。

ところが作品に対する批評家のコメントは芳しくなく、しかもマッケンジー監督は批評を読むまでもなく、劇場の中で観客たちの印象を感じ取ることができたという。「観客がどう思っているかはわかりましたよ。みなさんの感じ方には敏感なので」と監督は述べ、再編集については「すべて自分の決断」だと明言。映画祭に間に合わせるために十分な時間が取れなかったとして、トロント国際映画祭が終了した3日後には編集室に戻っていたという。

報道によると、再編集された『アウトロー・キング』は約117分になったとのこと。監督によれば「物語を前進させるものになっていない場面をいくつか、まるごと削除した」そうで、具体的には第一幕や第三幕の序盤に変更点があるということだ。今回の変更について、監督は「より見やすく、また登場人物に迫るものになった」と語っており、すでにトロント国際映画祭で作品を観た観客や批評家にもメッセージを送っている。

「もう一度観ていただく価値はありますよ。作品に気持ちが入り込まなかった批評家の方々には、もう一度観ることをお薦めします。2時間以内の作品ですから(以前とは)感覚の異なる、しかし十分に壮大な映画になっています。」

映画『アウトロー・キング ~スコットランドの英雄~』は2018年11月9日(金)にNetflixにて全世界独占配信

『アウトロー・キング ~スコットランドの英雄~』配信ページ:https://www.netflix.com/title/80190859

Source: Deadline
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。