Menu
(0)

Search

『グレイテスト・ショーマン』劇中歌チーム、実写版『アラジン』に新曲書き下ろし ― 作曲は巨匠アラン・メンケン

グレイテスト・ショーマン
(C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

映画『ラ・ラ・ランド』(2016)で作詞を担当、『グレイテスト・ショーマン』で劇中歌の作詞・作曲を手がけたベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのコンビが、ディズニー実写映画『アラジン(原題:Aladdin)』に新曲を書き下ろしている。

2018年3月4日(米国時間)に開催された第90回アカデミー賞授賞式のレッドカーペットにて、パセック&ポールは米Variety誌に対して最新の状況を明かした。


作曲は巨匠アラン・メンケン!

第90回アカデミー賞に、パセック&ポールは『グレイテスト・ショーマン』の劇中歌「ディズ・イズ・ミー(This Is Me)」で歌曲賞にノミネートされていた。2017年、『ラ・ラ・ランド』での受賞に続いて、現在最も注目される作り手であることを証明したわけだが、直近のプロジェクトは『アラジン』への新曲書き下ろしだったという。

「僕たちのヒーロー、アラン・メンケンとコラボレーションできて本当に興奮しました。来年(2019年)公開される『アラジン』に、新曲の歌詞をふたつ書いたんです。」

『グレイテスト・ショーマン』では作詞・作曲を担当したパセック&ポールだが、『アラジン』では『ラ・ラ・ランド』に続いて作詞のみの参加となるようだ。同作で音楽を務めるのは、1992年のオリジナル版につづいて巨匠アラン・メンケン。『リトル・マーメイド』(1989)や『美女と野獣』(1991)、『ポカホンタス』(1995)などの名作に携わってきた彼の仕事に、パセック&ポールは興奮しきりだったようだ。

「彼と一緒にスタジオへ入って、聞ける話を全部聞いて、知恵を借りましたよ。“(『リトル・マーメイド』の)アリエルについて教えて! アースラについて教えて!”みたいなことをしてたら、仕事が数週間遅れちゃって。パニックでしたけど、とってもエキサイティングでした。あと、ディズニー・ファミリーに入れたのも超感激でしたね。」

実写版『アラジン』で監督を務めるのは、『コードネームU.N.C.L.E.』(2015)やロバート・ダウニー・Jr.主演『シャーロック・ホームズ』シリーズなどで知られるガイ・リッチー。キャリア初期からビジュアル&音楽センスに定評があるだけに、ディズニー映画でどんな一面を見せてくれるのか、そしてミュージカル要素をいかに料理してくれるのかに期待が集まるところだ。
出演者には、アラジン役に新鋭メナ・マスード、ジャスミン役に『パワーレンジャー』(2017)のナオミ・スコット、そしてランプの魔人ジーニー役にウィル・スミスというメンバーが揃っている。

ディズニーによる実写映画『アラジン』は2019年5月24日米国公開。
なおベンジ・パセック&ジャスティン・ポールの実力が存分に発揮されている、映画『グレイテスト・ショーマン』は2018年2月16日より全国の映画館にて公開中だ。

Source: http://comicbook.com/movies/2018/03/05/disney-aladdin-pasek-and-paul-greatest-showman/
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly