Menu
(0)

Search

実写版『ピーターラビット』5月18日公開決定!予告編&ポスター解禁 ― 『スター・ウォーズ』ハックス将軍役ドーナル・グリーソン出演

ピーターラビット

ビアトリクス・ポター原作、全世界110カ国(35カ国語)で発行されているベストセラー絵本をハリウッドで初めて映画化した『ピーターラビット™』の日本公開が2018年5月18日(金)に決定。予告編およびポスターが公開された。

『ピーターラビット』は、『X-MEN:アポカリプス』(2016)モイラ役のローズ・バーン、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)ハックス将軍役のドーナル・グリーソンが出演し、『スーサイド・スクワッド』(2016)ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビーや、『最後のジェダイ』レイ役のデイジー・リドリーが声の出演を果たす注目作だ。

ピーターラビット

このたび公開された予告編は、美しいイギリス湖水地方の映像からスタート。大好きなビア(ローズ・バーン)と仲間たちとのにぎやかで楽しい日々がまるでミュージカル・シーンのように軽快に描かれる。しかし隣に越してきたマグレガー(ドーナル・グリーソン)のせいで、その幸せな生活が危ぶまれ……。動物嫌いなマグレガーは庭を完全防備し、「野生の動物は追い払う!」とピーターたちを敵対視。さらにビアとの仲も深めていくのだった。そこでピーターは、ついにマグレガーを追い出す作戦に出る。

世界中で愛される絵本のピーターラビットに命が吹き込まれ、活き活きと動きまわるキュートな映像には思わず目が釘付けに。可愛い表情と、ちょいワルでワイルドな一面とのギャップにも心が揺さぶられること間違いなしだ。

ピーターラビット

ピーターラビット

ピーターラビット

『ピーターラビット』ストーリー

ピーターは世界で一番幸せなウサギ。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという心優しい大親友もいる。ところがある日、大都会ロンドンから潔癖症のマグレガーが隣に引越してきたことで、ピーターの生活は一変!今までの幸せを守りたいピーターと動物を追い払おうとするマグレガーとの争いはエスカレート。さらにビアへの恋心も絡まって思わぬ大事件に発展する。ピーターはあるミッションを秘め、初めてのロンドンへと向かうのだが……。

映画『ピーターラビット』は、2018年5月18日(金)より全国ロードショー。

(文:まだい)

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly