Menu
(0)

Search

『燃ゆる女の肖像』監督新作『秘密の森の、その向こう』日本公開決定、本予告も登場 ─ 8歳の少女を主人公にした「喪失と癒し」の物語

秘密の森の、その向こう
ⓒ2021 Lilies Films / France 3 Cinéma

『燃ゆる女の肖像』(2019)にて世界中で絶賛された監督、セリーヌ・シアマによる最新作『Petite Maman(原題)』が、『秘密の森の、その向こう』として2022年9月23日(金・祝)に日本公開されることが決定した。あわせて、日本語版ポスター、本予告編が到着している。

映画賞を席巻し、すべてのカットに美が宿る完璧な映像と忘れ得ぬ愛の物語を、世界中の人々が“生涯の一本”としてその胸に刻み付けた『燃ゆる女の肖像』。その名作を生み出したセリーヌ・シアマが、真骨頂である女性の深淵を描きつつ、全く新しい扉を開く最新作を完成させた。それは、8歳の少女を主人公にした“喪失と癒し”の物語。第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門での上映を皮切りに、各国の映画祭で上映され、惜しみない絶賛評を受け続けている。

祖母が他界し、その悲しみに耐えかねた母が姿を消した日、8歳のネリーは、かつて母が遊んだ森を探索するうちに、自分と同じ年の少女と出会う。“マリオン”という母の名前を名乗る少女の家に招かれると、そこは“おばあちゃんの家”だった。喪失という痛みを抱えたふたりが出会うことで見つけるものとは?

秘密の森の、その向こう
ⓒ2021 Lilies Films / France 3 Cinéma
秘密の森の、その向こう
ⓒ2021 Lilies Films / France 3 Cinéma
秘密の森の、その向こう
ⓒ2021 Lilies Films / France 3 Cinéma

森の小道を抜けてふたつの家を行き来する少女たちの小さな世界は、『燃ゆる女の肖像』をはじめ、『アトランティックス』(2019)などでおなじみのクレア・マトンによる美しい撮影と、シアマ監督が仕掛けたいくつもの奇跡によって、壮大な物語へと変わっていく。胸が震えるほどの深い余韻を約束する唯一無二の傑作がここに誕生した。なお、ネリーとマリオン役を演じたのは、これが映画初出演となる姉妹のジョセフィーヌ&ガブリエル・サンスである。

予告編では、祖母を亡くし、母が出て行ってしまった痛みを抱えたネリーが、マリオンと森の中で出会う様子が描かれている。仲良くなったふたりのやりとりには、その年代ならではの楽しそうにはしゃぐ姿がある一方で、8歳同士の会話とは思えないどこか哲学的なやりとりもあり、その表情も見逃せない。

秘密の森の、その向こう
ⓒ2021 Lilies Films / France 3 Cinéma

映画『秘密の森の、その向こう』は、2022年9月23日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly