『スター・トレック』ピカード艦長による書籍『自叙伝 ジャン=リュック・ピカード 』発売

『スター・トレック』U.S.S エンタープライズ元艦長のジャン=リュック・ピカードが、初の自叙伝を書き上げた。著者:ジャン=リュック・ピカードとしての書籍『自叙伝 ジャン=リュック・ピカード 』が、2018年10月11日より竹書房より邦訳版にて発売される。

家族との確執、軍法会議、報われぬ愛、エンタープライズ艦長就任、そしてボーグによる同化、宇宙で遭遇した数々の思い出を── 今初めて、ここに綴る。
U.S.S エンタープライズ元艦長・ジャン=リュック・ピカードの波乱の人生が詰まった一冊だ。

ワイン農家に生まれ、宇宙にあこがれた少年は、いかにして“宇宙艦隊で最も偉大な艦長”として名を残したのか。氏の波乱の人生が、自身の言葉によってついに語られる。

著者の波瀾万丈の人生とキャリアは、読む者の心を強く突き動かす。家族との確執、軍法会議、報われぬ愛、カーデシア軍による監禁と拷問、そしてボーグによる同化、宇宙で遭遇した数々の出来事が、ジャン=リュック・ピカードの物語を真に忘れがたいものにしている。

ピカードは、ご存知のように探検家、外交官、なかでもU.S.S.エンタープライズ NCC1701-D及びE艦長時代の功績により、銀河史にその名を永遠に刻んでいる。本書では、幼少時代に宇宙に夢を馳せるようになったきっかけ、兄ロベール及び父親との長きに渡る確執、そして宇宙アカデミーへの入学に至る経緯が明らかにされている。

そして、U.S.S.リライアントでの勤務から艦長として率いた初の船U.S.S.スターゲイザーでの様々な冒険、惑星連邦宇宙艦隊の旗艦であるギャラクシー級戦艦U.S.S.エンタープライズ NCC1701-D艦長就任とその数々の任務についても触れている。また幼少期やアカデミー卒業時など、彼の人生における決定的瞬間を切り抜いている貴重な写真も収録された。

THE RIVERは、本書の発売に先駆けこの自叙伝を入手。本文480ページとなる本書は読み応えもたっぷりだ。巻頭には、ピカードとビバリー・クラッシャーの結婚式への招待状など、ピカード船長の人生を振り返る様々な資料や写真が収められている。そのビバリー・クラッシャーは、本書の序文にも寄稿。この邦訳版には、『スタートレック』関連書籍の数々で知られる岸川靖氏による解説「あなたが知らないピカードの武勇伝」も収録。すべてのファンに嬉しい用語解説も添えられた。

ジャン=リュック・ピカードといえば、これまでの作品で演じてきたパトリック・スチュワートによって新たな『スター・トレック』TVドラマシリーズの製作も決定したばかり。あらゆる世代のファンから改めての注目を集める中、本書は絶好のタイミングでの発売となる。

書籍『自叙伝 ジャン=リュック・ピカード 』は、竹書房より2018年10月11日より発売。著者ジャン=リュック・ピカード、翻訳は有澤真庭、監修は岸川靖。2,500円+税。

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。