Menu
(0)

Search

【悲報】ピクサー「2020年以降は続編をしばらく作らない」と宣言

ピクサー・アニメーション・スタジオ社は、2020年以降にシリーズの続編映画をしばらく作らない方針を明かした。社長のジム・モリス氏がEntertainment Weeklyの取材に対して答えたものだ。

新たな続編の計画なし

ピクサー 続編の予定なし
https://www.grandoldteam.com/forum/threads/ramiro-funes-mori.78362/page-106

現在、ピクサーは2020年までの作品タイトルを発表している。2016年が『ファインディング・ドリー』、2017年が『カーズ3(仮)』と『Coco(原題)』、2018年が『トイ・ストーリー4(仮)』、2019年が『Mr.インクレディブル2(仮)』だ。一目でわかるように、『Coco』を除くとすべてが続編である。

これらに加えて、ピクサー社は2020年の3月・6月に2本の映画を公開する予定だが、モリス氏によるとその2本はそれぞれ独立したオリジナル作品になるという。その後もさらにオリジナル作品を2本作る計画があり、スケジュールは未定ながら早い時期の製作を予定しているという。一方でモリス氏は、続編を製作する計画は現在ないと話した。

https://mlcarmon.expressions.syr.edu/trfindustryforces/2014/10/08/the-wonderful-world-and-practices-of-pixar-animation-studios/
https://mlcarmon.expressions.syr.edu/trfindustryforces/2014/10/08/the-wonderful-world-and-practices-of-pixar-animation-studios/

オリジナルよりも続編を作るほうが難しい?

ピクサー社が方針を決めた背景には、同社のスタンスが深く関わっている。モリス氏は続編のあり方についてこう述べている。

「オリジナル版の監督にいいアイデアがあって、彼が喜んでやりたいと思わないかぎり続編は作りません。いくつかの点で続編は(オリジナル版よりも)難しいものです。なぜならすでに世界は出来上がっていて、それが作品の助けにもなることもあれば、期待を裏切れないということにもなるからです」

実際のところ、以前の作品の続編が期待される監督たちは、現在まったく別のプロジェクトに参加している。

『インサイド・ヘッド』のピート・ドクター監督にはオリジナル作品のアイデアがあり、『レミーのおいしいレストラン』のブラッド・バード監督は『Mr.インクレディブル2』の製作真っ最中で、『レミー~』続編の話はモリス氏も聞いたこともないという。『WALL・E』はモリス氏がプロデューサーを務めた作品だが、やはり新たな物語の計画がないようだ。こうした作品の続編を観られるのはおよそ10年後と考えてもいいかもしれない。

続編が観られないと思うとカナシミが…… http://www.forbes.com/sites/dorothypomerantz/2015/06/22/with-inside-out-pixar-returns-to-fighting-form/
続編がしばらくないと思うとカナシミが……
http://www.forbes.com/sites/dorothypomerantz/2015/06/22/with-inside-out-pixar-returns-to-fighting-form/

気になるのは今年から始まる怒涛の続編ラッシュだが、これについてモリス氏は「偶然の産物」とコメントした。ピクサー社は「オリジナル作品を1年に1本、続編を2年に1本発表する」という計画を立てているが、監督たちから続編のアイデアが多く寄せられたためにこうしたスケジュールになったという。

モリス氏は、ピクサーのストーリー選びは「なんでもあり」だと強調する。前作から13年を経た『ファインディング・ドリー』や、さらには前作から15年後の公開となる『Mr.インクレディブル2』が実現するのもそのためだろう。観たい続編がある人はぜひ気長に待ってみることにしよう。10年、20年後にも実現する日が来るかもしれない。

source:
http://www.ew.com/article/2016/07/01/pixar-sequels-ratatouille-wall-e-inside-out

eyecatch image:https://www.youtube.com/watch?v=XEaDVq4Vrzk

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly