Menu
(0)

Search

ナタリー・ポートマン、双子のコラムニスト姉妹に一人二役で挑戦 ― 監督も兼任、長編映画第2作

Natalie Portman ナタリー・ポートマン
©THE RIVER

『スター・ウォーズ』『マイティ・ソー』シリーズ、『ブラック・スワン』(2010)や『アナイアレイション -全滅領域-』(2018)など数々の映画で活躍する女優ナタリー・ポートマンが、実話映画で一人二役を務め、さらに監督も兼任する。米The Hollywood Reporterほか複数のメディアが報じた。

このたびナタリーが契約を結んだのは、1950年代から人生相談のコラムニストとして活躍した双子の姉妹、エピー・レデラー&ポーリーン・フィリップスを描く実話映画。エピーはアン・ランダースというペンネームで、1955年から人気コラム「Ask Ann Landers」を執筆。一躍人気コラムニストとなったエピーをよそに、ポーリーンは1956年から「Dear Abby」を開始している。
ともにストレートな人生相談を持ち味とした二人は、双子の姉妹でありながら――あるいはそうであるがゆえに――プロとして激しいライバル関係となり、競い合い、嫉妬しながらも成功を収めていった。

本作のタイトルは不明だが、ナタリーはエピー&ポーリーンを一人二役で演じ、さらに監督も務める。これまでナタリーは、オムニバス映画『ニューヨーク、アイラブユー』(2009)の一編で監督を務め、自身が主演した『A Tale of Love and Darkness』(2015)で長編映画の監督デビューを飾った。本作はナタリーにとって2度目の長編監督作品となる。

脚本を執筆するのは、ドラマ「ラスト・タイクーン」(2017)や「アフェア 情事の行方」シーズン4(2018)に携わったケイティ・ロビンス。プロデューサーは『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)や『アバウト・レイ 16歳の決断』(2015)、『ラビング 愛という名前のふたり』(2016)などのピーター・サラフが担当する。撮影時期や劇場公開時期などは不明。

Sources: THR, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly