ジャングルの悪夢を完全再現!『プレデター』30周年記念アクション・フィギュアのリリースが決定

米国の玩具メーカー“NECA”から、あの名作SF映画の30周年を記念したスペシャルなアクション・フィギュアがリリースされる。1987年に公開され、今なお根強い人気を誇っている『プレデター』である。

Predator

http://www.imdb.com/title/tt0093773/mediaviewer/rm3405192960 (C) Twentieth Century Fox Film Corporation

ぼくはもちろん本作品を劇場で鑑賞しているし、当時の劇場同時上映はアラン・パーカーによる『エンゼル・ハート』だった。実にヘヴィな二本立てとあって、今でもあの日のことは脳裏に焼き付いている…。


本作『プレデター』は、おそらく多くの方が鑑賞済みだろう。念のため簡単に触れておくと、『プレデター』とは、『ダイ・ハード』や『13ウォーリアーズ』などで知られるジョン・マクティアナン監督によるSFアクション映画であり、80年代を象徴するアクション・スター、アーノルド・シュワルツェネッガーの代表作としても知られている。さらに、カール・ウェザース、ビル・デューク、ジェシー・ベンチュラといった曲者の面々が脇を固めている、最高にクールな映画なのだ。

物語は、アーノルド・シュワルツェネッガー演じるアラン・“ダッチ”・シェイファー少佐率いる特殊部隊が、劇中では中央アメリカに想定された架空の国バル・ベルデにおいて、ゲリラたちの手からアメリカ人捕虜を救出するという任務を遂行したその帰路、深いジャングルの中で正体不明の地球外生命体に襲われるというものである。

https://timsfilmreviews.com/2013/03/15/predator-1987-review/ (C) Twentieth Century Fox Film Corporation

https://timsfilmreviews.com/2013/03/15/predator-1987-review/ (C) Twentieth Century Fox Film Corporation

ちなみに本作では地球外生命体の名前が「プレデター」なのだと思われがちだが、プレデターとは動物学用語で「捕食動物」や「天敵」を意味する言葉で、厳密には地球外生命体の固有名ではない。そのため、あくまで“ハンター”などと呼ばれているのだ。それは、ジム・トーマスとジョン・トーマス兄弟によって1985年に書き上げられた、『ハンター』という題名の本作品の脚本に由来するものかもしれないし、いずれにせよ、劇中のそれはまさにハンターと表現するに相応しいだろう。

さて、アクション・フィギュアの話に戻ろう。

リリースが発表されているのは全7種類、そう聞くと「特殊部隊のメンバーか!」と興奮してしまうが、残念ながらアラン・“ダッチ”・シェイファー少佐のバージョン4種類“ハンター”のバージョン3種類の計7種類である。そこは正直ちょっと残念だ……。

ダッチは以下の4種類で、左から「Jungle Extraction」、「Jungle Patrol」、「Jungle Encounter」、「Jungle Disguise」。クオリティーはコアな愛好家にも納得の仕上がりと見受けられる。これらのフィギュアは20箇所以上の可動関節を有しており、遊びがいもあるし、M-16をはじめとする細かな付属品の数々も素晴らしい。

Predator – 7” Scale Action Figures – 30th Anniversary Collection

http://necaonline.com/2017/02/predator-7-scale-action-figures-30th-anniversary-collection/

一方ハンターは以下の3種類で、左から「Jungle Demon」、「Jungle Hunter Masked(Prototype)」、「Jungle Hunter Unmasked」だ。やはり30周年記念版ということで確かなクオリティーである。こちらの可動関節は30箇所以上とのこと。

Predator – 7” Scale Action Figures – 30th Anniversary Collection

http://necaonline.com/2017/02/predator-7-scale-action-figures-30th-anniversary-collection/

さてコチラのハンターについては、お気付きの方もいるだろうが、「あれ、マスクがちょっと違うよね?」という問題がある。実は商品名にもあるように、映画の中では使用されなかったプロトタイプのバージョンになっているのだ。このタイプのマスクは、のちの作品で使用される、俗に言う“Gort Predator”というタイプのものである。

まあ個人的には、せっかく7種類も出すんだったら、マック・エリオットとブレイン・クーパーの名コンビくらい入れてくれよ!とも思うが、いろいろと大人の事情があるのだろう……。

ちなみに『プレデター』は、ただいま第4作目(リブート版)の製作が進んでいる。監督を務めるシェーン・ブラックが、先頃ツイッターで、その撮影開始日について“2017年2月20日”だという発言をしたという噂もあるが、すでに消されているのか、あるいはデマなのか、現在そのツイートを見つけることはできない……。

ともあれ、このフィギュアがあれば『プレデター』の名場面は大方再現できるはず。気になった方はNECAのオフィシャル・ウェブサイトでその詳細をご覧いただきたい。本国でのリリースは2017年6月なので、『プレデター』新作の情報と合わせて、ぜひともチェックしておきたいね!

source & Eyecatch Image: http://necaonline.com/2017/02/predator-7-scale-action-figures-30th-anniversary-collection/

About the author

普段はあまり摂取しないコーヒーとドーナツを、無駄に欲してしまう今日この頃。You know, this is - excuse me - a damn fine cup of coffee.

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。