【フォースの覚醒 感想レビュー】少しだけ思ったことを。

本レビューは、神奈川県 Iさんからの投稿です。

※注意※
このレビューはネタバレ内容を含みます。
まだ鑑賞されていない方は、読まない事をおすすめします。

 

時計再び動き出した。
新時代スターウォーズサーガ新たなる幕開け。
エピソード7フォース覚醒”を私たち目撃するに至った。

鑑賞後感想十分満足。及第点。
というか、冒頭お馴染みSTARWARSタイトルが画面に現れ、いつもテーマ曲が高らかに鳴り響く。客席から歓声と拍手が巻き起こる。そして自然と目頭が熱くなる。
そんな体験そうそう出来るモンじゃない。
それだけで、もう、イイじゃないか。そんな風に思ってしまった人私だけでないずだ。

この作品新三部作序章という位置付けだ。
今後エピソード8、9と続いていくベースとなる作品であり、方向性を示すことが求められる。
この意味で”フォース覚醒見事にそ機能を果たしているように思える。

特筆すべき新しい3人キャラクター存在だろう。
レイ、フィン、そしてカイロ・レン。
三者三様、様々な思いと宿命を背負うこの3人キャラクター。私たちまだ彼らことをほん少ししか知らない。
だがどうだろう。本作を観終えた今、彼らを待ち受ける運命を、期待と不安を抱きながらも見守っていきたい、見届けたい、そんな風に思わせてくれる主役達でないだろうか。
彼らを新三部作軸に据えたことフォース覚醒大きな功績と言えるだろう。
またこれ「絶妙!」と言うより他ないキャスティング賜物でもある。

特にヒロインに据えられたレイ。
これが予想していた以上に良い。
フォース覚醒エピソード4焼き直しだ、そんな評価を多く目にするようだが、主役であるレイ女性だ。スターウォーズ主人公が女性。これなかなか斬新なチャレンジに他ならないと私思うだが。
彼女から若々しい生躍動を感じる。
この子がフォース担い手」であることを素直に納得出来る。
シーンをみても正真正銘、嫌味ない美人だし、既にジェダイ風コスチュームもばっちりキマっている。レイ役にデイジー・リドリーを据えたキャスティング見事一言。
フォース覚醒を観て彼女に恋心ような感情を抱いた男性もちろん私も含めて)何百万人いるだろう?それ何千万人かもしれない。それだけ魅力的な新時代ニューヒロインが誕生したこと意味大きい。

一方、少し予想外だったがカイロ・レン。
これまで登場してきた”敵役”言わずもがなダース・ヴェイダーを筆頭にダース・モール、ドゥークー伯爵、ダース・シディアスなど圧倒的な力を有し、それ故に「敵だけどカッコいい!」そんな評価を受けてきた魅力的なキャラクターたちであった。
そんな伝説面々と比較対象にされてしまうこと自体少々酷でるが、”フォース覚醒”における敵役カイロ・レン見劣りしてしまう感が否めない。
未熟さだけがクローズアップされていた印象だ。
(本作冒頭シーンでポー・ダメロン放ったブラスターフォース力で宙空に止めてしまうシーンだけカッコよかった。)
比較的早い段階から予告編等に登場し、赤い十字セイバーを振るうカイロ・レンに歴代敵役たちに見ていたカリスマ性とも言うべき圧倒的な存在感を期待していただが。エピソード8以降に期待という所だろうか。
フォース覚醒”に見られるカイロ・レンこの「半人前感」あえて描写だと私見ている。
今作で大きな決断をし、それを実行に移した彼修行を終える時が来た」であり、いよいよダークサイド深みに至ったとも見れる。エピソード8でいよいよシス暗黒卿として”ダース”称号を得ることもあるかもしれない。フォース覚醒を経てジェダイへ道を歩き始める(?)レイ対立軸として今後ダークサイドっぷりを存分に発揮していって欲しいキャラクターだ。

とまぁここまでゴチャゴチャと思いつくままに色々書いてきたわけだが、長くなるこの辺で。ホントフィンについても語りたい(概ね好意的な)こともあるだが。
フォース覚醒スターウォーズ”である。
重箱隅を突つくような細かい批判や突っ込みさて置いて、遠い昔遥か彼方銀河系で巻き起こったこのサーガ世界に身を委ねればいいである。
このワクワクとドキドキ。これこそが私たち伝説、スターウォーズ続編。それが観れるなんてこんなハッピーなこと楽しまなくちゃ損だ。

感想ありがとうございます!
カイロ・レンは2015年的な悪の描き方なのかもしれません。”完全無欠の悪”像がある意味飽きられ、新しいタイプのヴィランの描き方を切り開いたのではないかと思います。
間違いなく、あの「半人前感」はわざとであるという点、同意見です。

 

レビュー一覧ページへ戻る

About the author

方向感覚が壊滅しており、Googleマップがあっても道に迷う編集長。ORIVERcinema発起人。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。