Menu
(0)

Search

ダニエル・ラドクリフ、『ハリー・ポッター』は「いずれリブートされる」 ─ ハリーを演じるのは「僕が最後ではない」

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
© Warner Bros. 写真:ゼータ イメージ

子供から大人まで、世界中のファンに愛される映画ハリー・ポッターシリーズは、惜しまれつつも2011年にフィナーレを迎えた。主演を務めたダニエル・ラドクリフは、いずれ同シリーズがリブートされると信じているという。

自身の新作ドラマ「Miracle Workers(原題)」のため、米IGNのインタビューに応じたラドクリフは、既存の『ハリー・ポッター』について「どれだけ長持ちするのか興味ありますね。今は聖域とされているような気がしますが、いつかそれもなくなりますよ。輝きはいつか弱まるんです」とコメントした。

ダニエル・ラドクリフ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19119473773

現在のハリウッドでは、スパイダーマンやバットマンといった人気ヒーローを演じる俳優が次々と変わっており、今後は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのドラマ版が製作される。そんな状況を踏まえて、ラドクリフは『ハリー・ポッター』もいずれリブートされるだろうとの考えを示したのだ。

「ほかのバージョンが製作されますよ。自分が生きている間、ハリー・ポッター役を演じるのは僕が最後ではないと思います。現に(舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』では)演じている方が何人かいますしね。」

ラドクリフはいずれ来るリブートについて前向きな思いを抱いているようで、「映画になるかドラマシリーズになるか気になりますね。観るのが楽しみ」とも語った。

ちなみにラドクリフは、『ハリー・ポッター』以外のシリーズ作品に参加することにも抵抗を感じていない模様。ハリー・ポッター役としてあまりにも有名なラドクリフの起用に躊躇する監督がいる可能性については「理解できますよ」と述べつつも、「脚本さえ良ければ、どんな企画でも喜んでやりたい」と話している。

ファンとしては、ラドクリフがいつか再びハリー・ポッターを演じる姿も見てみたいところ。しかし俳優として様々な映画に出演し、飛躍を続ける姿をこれからも見守っていきたい。

Source: IGN

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly