Menu
(0)

Search

ダニエル・ラドクリフ、『ハリー・ポッター』は「いずれリブートされる」 ─ ハリーを演じるのは「僕が最後ではない」

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
© Warner Bros. 写真:ゼータ イメージ

子供から大人まで、世界中のファンに愛される映画ハリー・ポッターシリーズは、惜しまれつつも2011年にフィナーレを迎えた。主演を務めたダニエル・ラドクリフは、いずれ同シリーズがリブートされると信じているという。

自身の新作ドラマ「Miracle Workers(原題)」のため、米IGNのインタビューに応じたラドクリフは、既存の『ハリー・ポッター』について「どれだけ長持ちするのか興味ありますね。今は聖域とされているような気がしますが、いつかそれもなくなりますよ。輝きはいつか弱まるんです」とコメントした。

ダニエル・ラドクリフ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19119473773

現在のハリウッドでは、スパイダーマンやバットマンといった人気ヒーローを演じる俳優が次々と変わっており、今後は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのドラマ版が製作される。そんな状況を踏まえて、ラドクリフは『ハリー・ポッター』もいずれリブートされるだろうとの考えを示したのだ。

「ほかのバージョンが製作されますよ。自分が生きている間、ハリー・ポッター役を演じるのは僕が最後ではないと思います。現に(舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』では)演じている方が何人かいますしね。」

ラドクリフはいずれ来るリブートについて前向きな思いを抱いているようで、「映画になるかドラマシリーズになるか気になりますね。観るのが楽しみ」とも語った。

ちなみにラドクリフは、『ハリー・ポッター』以外のシリーズ作品に参加することにも抵抗を感じていない模様。ハリー・ポッター役としてあまりにも有名なラドクリフの起用に躊躇する監督がいる可能性については「理解できますよ」と述べつつも、「脚本さえ良ければ、どんな企画でも喜んでやりたい」と話している。

ファンとしては、ラドクリフがいつか再びハリー・ポッターを演じる姿も見てみたいところ。しかし俳優として様々な映画に出演し、飛躍を続ける姿をこれからも見守っていきたい。

Source: IGN

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly