Menu
(0)

Search

『ランボー』怒りのリブート!監督はスリラー映画の新鋭、スタローンは出演しない?

映画『ランボー』シリーズが怒りのリブートだ。

ランボー リブート

1980年代にシルベスター・スタローン主演で3作品が公開されたアクション映画『ランボー』シリーズは、2008年にスタローン自身が監督した『ランボー/最後の戦場』を最後に、続編のプロジェクトも頓挫したままとなっていた。

http://abcnews.go.com/Entertainment/sylvester-stallone-rambo/story?id=36116019
http://abcnews.go.com/Entertainment/sylvester-stallone-rambo/story?id=36116019

ハリウッド・レポーター誌によると、リブート版『ランボー』を監督するのは、実録スリラー映画『THE ICEMAN 氷の処刑人』(2012)や、来年2月に日本公開されるスパイ・アクション大作『クリミナル 2つの記憶を持つ男』を手がけたアリエル・ヴロメン。サスペンスやスリラーを得意とする新鋭だ。脚本は、長編映画を執筆するのは初となるブルックス・マクラレンが執筆する。

リブート版のタイトルは『ランボー/ニュー・ブラッド(原題)』で、これはシリーズ1作目の原題『ファースト・ブラッド』をもじったものだ。主役には若い俳優が起用されるとみられるが、スタローンの出演については不明。『ロッキー』シリーズが『クリード チャンプを継ぐ男』に続いたように、“新世代のランボー”の物語なら、スタローンがジョン・ランボー役で出演することもありうるだろう。

ちなみに今年5月、スタローンは『ランボー5』の構想が新しいコンセプトで存在することを明かしていた。出演こそなくとも、スタローンがなんらかの形でリブート版に関与している可能性は高そうだ。

リブート版監督の新作は要チェック!

ちなみにTHE RIVER的には、リブート版で監督を務めるアリエル・ヴロメンの最新作『クリミナル 2つの記憶を持つ男』は要チェックである。主演のケビン・コスナーを、ゲイリー・オールドマントミー・リー・ジョーンズという渋すぎる2人が支えるほか、『ワンダーウーマン』のガル・ガドット『デッドプール』のライアン・レイノルズという組み合わせが参戦しているのだ。リブート版『ランボー』を占うためにもぜひ観ておきたい。

映画『クリミナル 2つの記憶を持つ男』は2017年2月25日に日本公開

source: http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/rambo-reboot-works-criminal-director-942097

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly