Menu
(0)

Search

『ランボー ラスト・ブラッド』続編の可能性、シルベスター・スタローンが回答

ランボー ラスト・ブラッド
© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

シルベスター・スタローン代表作『ランボー』シリーズは、最新作『ランボー ラスト・ブラッド』(2019)にて遂に完結を迎えた。しかし、完結したとは言え続編を求める声もある。果たして、“凶暴な男”が再び帰って来る可能性はあるのだろうか……?

『ランボー』シリーズは、ベトナム帰還兵のジョン・ランボーの活躍を描き、シルベスター・スタローンのアクション・スターとしての地位を不動のものにした作品。『ランボー』(1982)を皮切りに、『ランボー ラスト・ブラッド』(2019)に至るまで計5作品が製作されている。

この度、Instagramにて『ランボー』の新作映画について問われたところ、シルベスター・スタローンは「配信向けの前日譚でなければ、やるべきではないでしょう」と答えている。言葉の通り、実現自体は否定されていないが、仮に新作映画が製作されることになった場合にも、『ランボー ラスト・ブラッド』以降の物語が描かれる可能性は低いと言えるだろう。

若き日のランボーを描く前日譚となれば、続投にあたり年齢的な問題が発生してしまうため、新たに若い俳優を起用する必要があるだろう。あるいは、マーティン・スコセッシ監督『アイリッシュマン』(2019)で使用されたようなデジタル技術を駆使することも可能性としては考えられる。

ランボーの過去については以前、シルベスター・スタローンが「彼以上に最高の男はいません」と語っていた。「彼はチームのキャプテンで、学校で最も人気のある少年でした。スーパーアスリートです。彼はジム・ソープのような存在でしたが、戦争が彼を変えてしまったんです。その前に出会っていれば、彼は完璧だったでしょう」。

また、「配信向け」という言葉の真意も気になるところだ。映画ではなく、ドラマシリーズでじっくり描きたいということだろうか。いずれにせよ、何らかの形で動きがあることに期待したい。

Source: Movie Web , Sylvester Stallone

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly