Menu
(0)

Search

『バイオハザード』ドラマ実写版、ウェスカーが娘たちを研究所から脱出させる本編映像が米公開

https://youtu.be/UON8lqLEqJw

2022年7月14日より独占配信開始となるNetflixシリーズ「バイオハザード」。このたび配信開始まで目前に迫るなか、ゲームでもおなじみのキャラクターであるアルバート・ウェスカーに焦点を当てた本編映像が米国公開された。

『バイオハザード』ゲーム版の世界観を継承しながらも、新たに綴られる本実写版の舞台は、“T-ウィルス”の拡散が人類を破滅に導いてから14年後の2036年。終焉に向かおうとする世界で、必死に生き延びようとするジェイド・ウェスカー。危機的状況の中、彼女の頭から離れないのは、ニューラクーンシティでの記憶、アンブレラ社と父の恐ろしい繋がり、そして姉妹であるビリーのことだった。新たな主人公が今、“T-ウィルス”の真実に迫る。

“T-ウィルス”とはあらゆる生物を突然変異、“アンデッド化”させるという恐ろしい効力を持っている。そんなウィルス研究への関与が本作で疑われているのが、ジェイド・ウェスカーが悩まされている父であり、原作では黒幕的存在として知られるアルバート・ウェスカーだ。

世界が混沌と化した2036年、ジェイド&ビリーがニューラクーンシティというアンブレラ社のある人工企業都市に引越した2022年、ふたつの異なる時代を軸に紐解かれていく本作。公開された本編映像では父アルバートが、アンブレラ社の研究所と思われる場所から娘たちを脱出させようとする姿が描かれている。おそらくこれは、T-ウィルスが世界中に蔓延し始めた頃の出来事だろう。

ふたりの娘を助けたのちアルバートは、パソコンで何かを隠蔽しているような行動を見せており、また研究所に横たわる犬の血を顔に塗りたくるという不気味な姿が映し出されている。果たしてアルバートは、このドラマではどんなキャラクターとして描かれるのか、ますます目が離せない。

キャストには、『ジョン・ウィック』シリーズなどのランス・レディックがアルバート・ウェスカー役、『チャーリーズ・エンジェル』(2019)のエラ・バリンスカがジェイド・ウェスカー役として名を連ねている。

Netflixシリーズ「バイオハザード」は、2022年7月14日(木)より独占配信開始。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly